SixTONESジェシー、“相棒”寺脇康文と漫才コンビ結成? 初日から相合い傘で意気投合

2

2021年08月03日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真共演し意気投合した(左から)寺脇康文、SixTONES・ジェシー (C)ORICON NewS inc.
共演し意気投合した(左から)寺脇康文、SixTONES・ジェシー (C)ORICON NewS inc.
 人気グループ・SixTONESのジェシーが3日、東京・赤坂ACTシアターで上演される単独初主演舞台『スタンディングオベーション』取材会に参加した。同席した寺脇康文は「ウマは合うと思います。モノマネ好きでね。ふたりとも。ものすごく上手です」と意気投合したそう。「これから漫才コンビ組んでいきます」と意気込む寺脇に、ジェシーも「『M-1』でもなんでも出ましょう」と歓迎した。

【舞台写真】長髪×王冠で初舞台に挑むSixTONES・ジェシー

 企画・原作・脚本を秋元康氏が務める今作は、殺人犯が紛れ込んだという災厄に巻き込まれた歴史劇『ジョージ二世』という作品の危機を、演者・スタッフのドタバタと葛藤と成長とともに描く。ジェシーは劇中劇の主役でありジョージ二世役のイケメン俳優、寺脇は突然バックステージに現れた刑事を演じる。

 外部の舞台出演も初めてとなるジェシーは「ド緊張です。メンバーの(京本)大我がミュージカルや舞台をやっているので、僕はバラエティーでずっとふざけていくのかと思った」といい、オファーは「『え、ドッキリ!?』って。ドッキリが多いので…」と半信半疑だったそう。寺脇について「『相棒』だ〜。おじいちゃんがファンでよく観ていたので」と印象を振り返ると、寺脇も「舞台上では(ジェシーの)『相棒』です」と笑顔を見せた。

 その後も、役衣装で腰まであるロングヘアをなびかせるジェシーに寺脇が「びっくりしたね。髪の毛伸びちゃってね」とボケると、「緊張しすぎて伸びちゃった…いつ切りに行こうかな。今から行っちゃおうかな」と乗っかったり、中世ヨーロッパ風の衣装のジェシーに対してスーツ姿の寺脇に、今度は「派手ですよね」とジェシーがボケると、寺脇が「どっちがや!」とすかさずツッコミを入れるなど息ピッタリ。

 そんな2人は寺脇いわく「初日から相合い傘した」そうで、ジェシーは「そうなんです。初めてお会いした日、稽古場を出てから雨が降っていて、僕が傘を持ってなかった、寺脇さんは持っていて…2人で相合い傘して駅まで一緒に行くみたいな」とほほえましいエピソードを報告。連絡先も交換しており、ジェシーは「LINEでアドバイスしてくれて『どんだけ優しいんだよ!』って1人で家で叫びました」とその気遣いに感激する。

 「『自信を持ってやればいい、どんどん良くなってるよ』と。励みになります。自信になります。ジェシーだけにね…」とまたボケはじめ、「『ジェシーだけに自信があります!』…多分これ使われると思う」としたり顔。会見の最後は一緒に、ジェシーお気に入りの“ズドン”ポーズ。寺脇が「もうええわ、どうもありがとうございました」と漫才さながらにその場を締めた。

 29日まで同所、9月4日から7日まで京都劇場で上演される。

このニュースに関するつぶやき

  • 亀ちゃん、相棒に戻ってきてー!!と相棒ファンは思うけど辞め方が辞め方だけに戻れないというジレンマね。 https://mixi.at/acXkdlP
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定