「仕事には必ず対価を」 報酬未払いに激怒の建設業者が新築のバルコニーを容赦なく破壊(独)<動画あり>

3

2021年08月04日 06:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真新築の建物が破壊される光景に近隣住民は唖然(画像は『The Mirror 2021年7月30日付「Builder smashes up flat block with digger because owner ‘owed him £4million’」』のスクリーンショット)
新築の建物が破壊される光景に近隣住民は唖然(画像は『The Mirror 2021年7月30日付「Builder smashes up flat block with digger because owner ‘owed him £4million’」』のスクリーンショット)
さる7月28日午後7時半、パワーショベルがアームを振りかざして次々と新築のバルコニーを破壊する衝撃の映像がドイツで撮影された。近隣住民が唖然として見ていたというこの事件、建物のオーナーが建設業者に6億円超の報酬を支払っていないことが原因のトラブルだと『Metro』などが伝えている。

【この記事の動画を見る】

事件はドイツ南部バーデン=ヴュルテンベルク州ブルームベルクの高級住宅街で発生した。新築のキレイな建物の前に1台のパワーショベルが現れ、アームを振りかざすと躊躇することなくガラス製のバルコニーを破壊し始めた。

向かいの住人が撮影した映像には、既に手前側のバルコニーが跡形も無く破壊されている様子が映る。他のバルコニーも壊そうと操縦している男性はパワーショベルを動かし、次々とバルコニーを崩していった。

撮影者は自宅で窓を閉めて撮影しているようだが、それでも破壊した際の轟音が聞こえてくる。

この衝撃的な光景の原因は、報酬の未払いだった。バルコニーを破壊した47歳の男性はこの建物の建築業者で「支払いを不当に保留された」と主張しており、その額は500万ユーロ(約6億5000万円)にのぼるという。支払いを拒否するオーナーに対する苛立ちを抑えきれず、男性は今回の破壊行為に及んだ。

男性はバルコニーを破壊するためだけにパワーショベルを用意したといい、最終的にパワーショベルを動かす油圧ホースが壊れてしまったので破壊行為を終えた。その後は自分の車で現場から走り去ったが、すぐに警察へ出頭したと地元メディアが報じている。

建物の被害は、バルコニーだけではなくガレージにまで及んだ。そこにはガスボンベが数本あったといい、爆発の危険があると判断した警察が広範囲を封鎖する事態にまで発展した。当時、周囲には50人ほどの野次馬が集まったが、建物内に人がいなかったのでケガ人は出ていないという。

大きな被害を被った建物は、修復するのにおよそ50万ユーロ(約6500万円)かかると地元警察が明かしており、報酬を支払わなかったオーナーはさらなる支払いに苦しむことになりそうだ。


なお今回の衝撃映像が掲示板サイト「Reddit」に投稿されると、以下のようなコメントが多数寄せられている。

「普通に訴えたらよかったのに」
「報酬未払い以上の問題があったと思うね。人生が終わったと悟らない限り、こんなことはできないよ」
「ケガ人が出ていないのなら、この男性は称賛に値するよ。給料の支払いは絶対だ」
「破壊している時は良い気分だろうけど、こんなことをしたら報酬は支払われないだろうし、逮捕されてしまうよ」
「一生懸命作った物を自分の手で壊して満足できるのかな」



画像は『The Mirror 2021年7月30日付「Builder smashes up flat block with digger because owner ‘owed him £4million’」(Image: Schwarzwald TV)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

このニュースに関するつぶやき

  • まぁ、気持ちは分からなくもないが、しかし、もったいないね。
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • まぁ、気持ちは分からなくもないが、しかし、もったいないね。
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定