『鬼滅の刃』善逸の日輪刀が約1/1サイズで初立体化、抜刀ギミックで霹靂一閃を再現

0

2021年08月04日 08:11  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
TVアニメ『鬼滅の刃』より、「我妻善逸」の日輪刀が約1/1サイズで初立体化。「PROPLICA 日輪刀(我妻善逸)」(13,200円/税込)として、プレミアムバンダイで予約受付がスタートしている。

『鬼滅の刃』より、鬼殺隊士「我妻善逸」の日輪刀が、“本物感”にこだわった大人向けなりきりアイテムブランド「PROPLICA(プロップリカ)」から全長約880mmの約1/1サイズで登場。

善逸の名セリフ・効果音・BGMなど60種以上のサウンドを収録。また、今回PROPLICA 日輪刀としては初めて専用の鞘が付属する。搭載された抜刀ギミックにより善逸の“霹靂一閃(へきれきいっせん)”が再現可能。刀本体と鞘をディスプレイできる専用台座も付属する。

全長約880mmの約1/1サイズで初の公式立体化。重厚感のある金属の質感、刀身に走る雷の模様など、造形と彩色により細部に至るまで劇中イメージを再現している。また、刀本体と鞘にマグネットセンサを使った「抜刀ギミック」を搭載し、収録サウンドと合わせることで“霹靂一閃”の居合い斬りアクションを再現可能に。

そして善逸の名セリフ・雷の呼吸・効果音、セリフと同時に再生可能なBGMなど60種以上のサウンドを収録。善逸の師匠と「チュン太郎」のセリフも収録し、劇中の様々なシーンが再現可能となっている。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

    オススメゲーム

    ニュース設定