スペイン紙、好守見せたU−24日本代表GK谷晃生を評価「日本のベストプレーヤーの1人」

0

2021年08月04日 10:54  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真U−24スペイン代表戦で好守を見せる谷 [写真]=Getty Images
U−24スペイン代表戦で好守を見せる谷 [写真]=Getty Images
 東京オリンピック男子サッカー競技・準決勝が3日に行われ、U−24日本代表とU−24スペイン代表が対戦。延長戦にもつれこんだ試合は、115分に生まれたMFマルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)のゴールが決勝点となってU−24スペイン代表が1−0で勝利し、決勝に進出。U−24日本代表は、6日に行われるメキシコとの3位決定戦にまわることになった。

 スペイン紙『アス』は3日、U−24日本代表対U−24スペイン代表戦の速報を掲載。値千金のゴールを決めたアセンシオについて「延長戦でヒーローとなり、スペインを東京オリンピックの決勝に導いた」と称賛した。また、U−24日本代表の守護神として獅子奮迅の活躍を見せたGK谷晃生(湘南ベルマーレ)を「日本のベストプレーヤーの1人だった」と評価。印象的な場面として、前半39分にFWラファ・ミル(ウルヴァーハンプトン/イングランド)の決定的なシュートをストップしたシーンを挙げ「谷が上回った」としている。

 U−24スペイン代表戦のみならず、今大会では充実したプレーを披露し続けてきた谷。20歳の守護神は、スペインのメディアからも高い評価を受けた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定