ハレクラニ、10月1日にリニューアルオープン 1年1ヶ月の全館休業経て

1

2021年08月05日 09:01  TRAICY

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

三井不動産とハレクラニ コーポレーションは、ハワイ・ホノルルのハレクラニを10月1日にリニューアルオープンする。

ハレクラニは1984年に開業。数回のリニューアルをこれまでに行ってきたものの、今回は開業後初めてとなる全館営業休止を伴う大規模なリニューアルを実施した。建物の主要設備類の更新や基本性能の維持向上、パブリックスペースの刷新や全客室のリニューアルを2020年9月から1年1ヶ月かけて実施した。

正面エントランスとゲートハウスを一新し、館内にはハワイの自然美を活かした新しい造園コンセプトを導入した植物を植えた。客室はBAMOがデザインが担当し、ハレクラニの伝統である「seven shades of white – 7色の白」のデザイン哲学を継承した新しいインテリアデザインとしたほか、ヨーロッパ、ハワイ、アジアの文化を繊細に融合させ、使いやすさを重視した室内装飾品や家具を配置した。

ハワイアンミュージックの生演奏とフラダンスが楽しめるレストラン「House Without A Key(ハウス ウィズアウト ア キー)」では、ハレクラニの象徴のひとつである樹齢130年を超えるキアヴェツリーや、ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッドまでを一望できるようにエントランスを再設計た。屋外バーやガラス張りのオープンキッチンも新設し、11月下旬の営業再開を目指す。

ハレクラニは1881年、ルワーズ伯爵夫妻が漁師達をもてなしたビーチハウスがルーツ。ハワイ語で天国にふさわしい館の意味の「ハレクラニ」と名付けた。1917年にノースショアのホテル経営者であったキンバル夫妻が取得し、1932年に農園にある大邸宅をモチーフにした「ルワーズハウス」(現メインビルディングを建設した。三井不動産は1981年に「ハレクラニ」を取得し、1984年に地上16階建て456室のホテルとして開業している。

    ニュース設定