松坂桃李、鈴木亮平が描いた“日岡”の肖像画に大感激 『孤狼の血 LEVEL2』入場者特典に

0

2021年08月05日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『孤狼の血 LEVEL2』“日岡”の肖像画を囲む(左から)松坂桃李、鈴木亮平 (C)2021 「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会
映画『孤狼の血 LEVEL2』“日岡”の肖像画を囲む(左から)松坂桃李、鈴木亮平 (C)2021 「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会
 俳優の松坂桃李が主演する映画『孤狼の血 LEVEL2』より、最凶の悪・上林役を演じる鈴木亮平が松坂演じる刑事・日岡秀一を描いた肖像画が解禁された。この絵はポストカードサイズで入場者プレゼントとして、8月20日の公開初日から全国の劇場で20万枚限定で配布される。

【動画】鈴木亮平作・“日岡”松坂桃李の肖像画お披露目メイキング

 本作は、第42回日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞した白石和彌監督作『孤狼の血』(2018)の続編で、前作から3年後、広島の架空都市・呉原市の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上章吾(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一(松坂)の“その後”を描く。柚月裕子による原作小説シリーズでは描かれていない完全オリジナルストーリーで、前作に続き白石監督がメガホンをとる。

 日岡の前に立ちはだかる最凶の男・上林を演じた鈴木は「上林の眼からみた日岡を表現したい」という思いを込め、今回の肖像画を制作。渾身(こんしん)の日岡の肖像画からは、日岡と上林という宿命のライバルの間に流れる壮絶な運命、そして日岡に執着する上林の思いが感じられる。

 鈴木は、先日の完成披露イベントで久しぶりの再会を果たした松坂に、この作品をサプライズで披露。松坂は肖像画の完成度と迫力に圧倒されながらも、思わぬサプライズと鈴木の思いに大感激。鈴木からは、「日々この絵を描き進めている間に、手放したくないほどに愛着がわいた」と、日岡へ、そして松坂へはせた思いが語られた。

 映画『孤狼の血 LEVEL2』は、8月20日より全国公開。
    ニュース設定