ルカク、チェルシー復帰を希望か…インテルにオファー受け入れを要求?

0

2021年08月05日 10:30  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真去就に注目が集まるルカク [写真]=Getty Images
去就に注目が集まるルカク [写真]=Getty Images
 インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが同クラブに対し、チェルシーからのオファーを受け入れるよう要求しているようだ。4日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 今夏ストライカーの獲得を目指しているチェルシーは、当初ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの獲得を画策していたものの、合意することができなかったため、現在はかつてチェルシーに所属していたルカクの獲得を狙っていることが明らかとなっている。

 チェルシーは初めに1億ユーロ(約130億円)にスペイン代表DFマルコス・アロンソの譲渡を加えたオファーを提示したものの、これはインテルに断られたことが報じられている。しかし、次なるオファーとしてチェルシーは9400万ポンド(約143億円)から1億200万ポンド(約155億円)の移籍金を提示する準備を進めているという。

 そして、ルカク自身は古巣でのプレーを希望している模様で、報道によると、適正なオファーならば受け入れて欲しいとインテル側に要求していることが伝えられている。経営難のインテルとしてもこの金額でのオファーを断ることはできないと考えられており、交渉が成立する可能性があるようだ。

 現在28歳のルカクはアンデルレヒトの下部組織出身で、2011年8月に18歳でチェルシーに加入。しかし、同クラブでは通算15試合の出場にとどまり、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)やエヴァートンへのレンタル移籍を経て、2014年7月にエヴァートンへ完全移籍。その後、2017年7月にマンチェスター・Uに移籍し、2019年8月にインテルに加入した。昨シーズンは公式戦44試合の出場で30ゴール10アシストを記録し、2009−10シーズン以来となる19回目のセリエA優勝に貢献した。古巣復帰を希望しているようだが、果たして実現するのか、今後の動向に注目が集まっている。

    ランキングスポーツ

    ニュース設定