原爆ドーム、「フォトグラメトリー」で3D再現 中国新聞社

1

2021年08月05日 20:22  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真中国新聞社が公開した原爆ドームの3Dデータ
中国新聞社が公開した原爆ドームの3Dデータ

 中国新聞社は8月5日、大量の写真を合成して3DCGモデルを作成する「フォトグラメトリー」で再現した原爆ドーム(広島市中区)の3Dデータを専用サイトで公開した。平和学習や観光客ガイド向けの利用や、ドームが災害や経年劣化で損傷した際の修復活動での利用を見込む。利用は無料。



【その他の画像】



 原爆や戦争の悲惨さを後世に伝えるために2020年に発足した被ばく75年プロジェクト「あの日から現在、そして未来へ」の一環。20年8月から約1年かけ、高所作業車やドローンを駆使して撮影した1万枚の写真を使って3Dモデルを合成した。



 3Dデータの表示はiPadのみ対応。建物を拡大すると、普段は立ち入れない内部の様子も見られる。



 同社は「GIGAスクール構想でiPadを導入した学校で平和学習に活用してほしい」とコメント。3Dデータの閲覧端末がiPadに限られるのは「プロジェクトに賛同した企業からの寄付金で制作したため、他の端末に対応させる予算がなかった」と説明した。他の端末への対応は「利用状況も見ながら、協賛企業などと今後検討する」としている。



 コロナ禍で臨時休館している平和記念公園近くの観光施設「レストハウス」にも、営業再開後にiPadを設置する方針。


    ニュース設定