MotoGP:通算9度の王者“生ける伝説”バレンティーノ・ロッシのプロフィールと戦績

2

2021年08月05日 23:51  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021MotoGP:バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)
2021MotoGP:バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)
■プロフィール ※2021年第9戦終了時点
 バレンティーノ・ロッシはイタリア マルケ州ウルビーノのタヴッリアで育った。父はロードレース世界選手権ライダーだったグラツィアーノ・ロッシ。MotoGPクラスに参戦しているルカ・マリーニ(スカイ・VR46・アビンティア)は異父弟にあたる。

 幼いころからゴーカートを走らせ、その後ミニバイクにも乗る。1995年にはイタリア選手権125ccクラスでチャンピオンを獲得、ヨーロッパ選手権125ccクラスではランキング3位を獲得すると、翌年からロードレース世界選手権への参戦を開始する。

 1996年は125ccクラスでデビューを飾った。ルーキーイヤーはアプリリアのマシンで1勝と3位表彰台を1度獲得してランキング9位。1997年には15戦中11勝を挙げて125ccクラスのチャンピオンに輝くと翌1998年シーズンからは250ccクラスにステップアップした。

 250ccクラスでもアプリリアのマシンを駆り、1年目は14戦中5度の勝利を含む9度の表彰台でランキング2位、2年目の1999年シーズンは16戦中9勝を含む12度の表彰台でタイトルを手にして翌2000年から最高峰クラスに昇格した。

 2000年、最高峰クラスは2ストローク500ccマシンで争われており、ロッシはホンダNSR500で500ccクラスのデビューを飾った。この年ロッシは、ルーキーイヤーにしてシーズン後半に2勝を挙げ、ランキング2位を獲得している。

 2001年、ロッシは16戦中11勝を挙げて最高峰クラスのチャンピオンを獲得。この年は2ストローク500ccマシンのみで争われた最後のシーズンで、ロッシは500ccクラス最後のチャンピオンとなった。

 翌2002年からは4ストローク990ccマシンを使用するMotoGPクラスがスタートし、2ストローク500ccマシンとの混走で争われた。ホンダの4ストローク990ccマシンRC211Vを駆るロッシは、16戦中11勝を挙げてMotoGPクラス最初の王者となり、125ccクラス、250ccクラス、500ccクラス、そしてMotoGPクラスでタイトルを獲得したライダーとなった。

 2003年は16戦中9勝を記録し、ホンダで連覇したロッシだったが、2004年にヤマハへ移籍。ホンダRC211VからヤマハYZR-M1に乗り替えた。移籍後初レースとなった第1戦南アフリカGPで優勝を飾ると、16戦中9勝を挙げてチャンピオンを獲得。ヤマハに12年ぶりのタイトルをもたらした。ロッシは続く2005年シーズンも王者に輝き、最高峰クラス5連覇を達成した。

 しかし、2006年にはホンダのニッキー・ヘイデン、2007年にはドゥカティのケーシー・ストーナーにタイトルを譲ることになりランキングは5勝で2位と4勝で3位。しかし、2008年は18戦中9勝を挙げてタイトルを奪還。翌2009年も6勝で連覇を果たすと、最高峰クラスで7度目、ロードレース世界選手権で通算9度目のチャンピオンを獲得した。

 2010年は第4戦イタリアGPのフリー走行で転倒を喫して右足を骨折。イタリアGPを含む4戦を欠場してランキング3位で終え、チームメイトのホルヘ・ロレンソがタイトルを獲得した。

 この年でヤマハを離れ、2011年はドゥカティへ移籍。ドゥカティで過ごした2011年、2012年は苦戦が続き、1勝も挙げられず、2シーズンで3度の表彰台にとどまった。そして、ロッシは2013年より、ヤマハに舞い戻ることを決定した。

 2013年はマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が最高峰クラスデビューを果たす。ロッシは1勝でランキング4位となる。2014年は18戦中2勝を含む13度の表彰台でランキング2位を獲得。続く2015年はチームメイトのロレンソとともにシーズン終盤まで接戦のタイトル争いを展開した。

 しかし、第17戦マレーシアGPの決勝で、ロッシとマルケスが接触して、マルケスが転倒リタイア。この接触でペナルティが科され、最終戦バレンシアGPを最後尾からスタートすることになる。ロッシは4位まで追い上げたが、優勝したロレンソがチャンピオンを獲得しランキング2位に終わった。

 2016年は2勝を含む10度の表彰台でまたもランキング2位。以降は成績を上げられず、2017年は1勝でランキング5位、2018年以降は優勝を挙げられずランキング3位、2019年はランキング7位で終えた。

 2020年シーズンの開幕前、ヤマハは2021年からファクトリーチームに、マーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロを迎えることを発表。同時に、ロッシはファクトリーチームの布陣から外れることが明らかとなった。

 そんなロッシは、9月にヤマハのサテライトチームであるペトロナス・ヤマハSRTから1年契約で参戦することを発表。ファクトチーチームのラストイヤーである2020年は1度の3位表彰台でランキング15位となった。

 2021年はファクトリー仕様のヤマハYZR-M1の供給と技術サポートを受け、ペトロナス・ヤマハSRTから参戦しているが、前半の9戦を終えて最高順位は10位、ランキングは19位となっている。とはいえ、世界中のファンを魅了し続け、絶大な人気を誇り、最も注目を集めるライダーのひとりであることは間違いないが、2021年限りでの現役引退を2021年8月5日に発表した。

■名前:バレンティーノ・ロッシ(Valentino Rossi)

■生年月日:1979年2月16日(現在42歳)

■出身地:イタリア マルケ州 ウルビーノ

■ゼッケンNo:46

■ワールドチャンピオンシップタイトル
通算:9回
MotoGP/500cc:7回(2001・2002・2003・2004・2005・2008・2009)
250cc:1回(1999)
125cc:1回(1997)

■グランプリ優勝
通算:115回
MotoGP/500cc:89回
250cc:14回
125cc:12回

■グランプリ表彰台
通算:235回
MotoGP/500cc:199回
250cc:21回
125cc:15回

■グランプリ ポールポジション
通算:65回
MotoGP/500cc:55回
250cc:5回
125cc:5回

■レースファステストラップ
通算:96回
MotoGP/500cc:76回
250cc:11回
125cc:9回

■レース戦歴 ※2021年第9戦終了時点
シーズンカテゴリーバイクレーススタートポールポジション1位2位3位表彰台ポイントランキング1996125ccアプリリア151101211191997125ccアプリリア15411111332111998250ccアプリリア140531920121999250ccアプリリア1659211230912000500ccホンダ1602351020922001500ccホンダ16411111332512002MotoGPホンダ16711401535512003MotoGPホンダ1699521635712004MotoGPヤマハ1659201130412005MotoGPヤマハ17511321636712006MotoGPヤマハ1755411024722007MotoGPヤマハ184431824132008MotoGPヤマハ1829521637312009MotoGPヤマハ1776521330612010MotoGPヤマハ1412261023332011MotoGPドゥカティ170001113972012MotoGPドゥカティ180020216362013MotoGPヤマハ180114623742014MotoGPヤマハ1812651329522015MotoGPヤマハ1814381532522016MotoGPヤマハ1832621024922017MotoGPヤマハ170132620852018MotoGPヤマハ181014519832019MotoGPヤマハ190020217472020MotoGPヤマハ120001166152021MotoGPヤマハ9000001719

このニュースに関するつぶやき

  • 結局10年以上タイトルから遠ざかってたってことか。特に次世代に全く勝てなかったってことか。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定