湖池屋、5年保存できるポテトチップスを発売 災害時における“食”の重要性を追求

3

2021年08月26日 12:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真湖池屋の5年保存ができるポテトチップス『LONG LIFE SNACK(6缶セット)』
湖池屋の5年保存ができるポテトチップス『LONG LIFE SNACK(6缶セット)』
 湖池屋が、5年保存ができるポテトチップス『LONG LIFE SNACK(6缶セット)』を26日より同社オンラインショップにて販売する。

【画像】「持ち帰っても紙袋からの“匂い”で到着前につまみ食いしがち…」フライドポテト考察

 『LONG LIFE SNACK(6缶セット)』には、「フライドポテトひとくちカット 神のり塩」と「じゃがいも心地 厚切りひとくちカット オホーツクの塩と岩塩」、「スティックカラムーチョ ホットチリ味」がそれぞれ2缶封入されている(1980円税込、送料別)。

 昨今の大規模災害の増加から、災害時における“食”の重要性が見直されているなか、災害時等に求められる新しい食の形として提供。機能面だけでなく「ほっとする時間」という情緒面の価値を災害備蓄用の食の選択肢の1つとして加えたいとの想いから、同商品を開発。今月2日より、一部店舗にて限定販売していた。

 これまで湖池屋は、日々の暮らしに非常時の備えをとけこませるローリングストックとして活用することを目的に、東京都板橋区、東京家政大学(児童学科尾崎研究室)と連携。限定ラベルの「湖池屋ポテトチップス のり塩」を「いたばしシェイクアウト」(区内一斉地震対応訓練)参加者に抽選でプレゼントするなど、“食”を通じた地域貢献に取り組んできた。これらの取り組みが評価され、今年5月に一般社団法人防災安全協会が主催する『災害食大賞2021』で「地域貢献賞」を受賞している。
    ニュース設定