トラックのこんな所が開くの? 前面の一部がパカッ、実は窓ふき用の足場でした 装備の経緯を日野に聞いた

61

2021年09月15日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真大型トラック「プロフィア」に標準装備されています=日野自動車提供
大型トラック「プロフィア」に標準装備されています=日野自動車提供

 大型トラックのフロントグリルに設けられた装備が、ツイッター上で注目を集めています。グリルの一部が実は開閉式になっていて、開くことで窓ふき用の足場になるという機能です。15年ほど前から設定しているという日野自動車を取材しました。

【画像】開いた状態がこちら。実際に人が乗って窓を拭いている写真も。「ミサイル出てきそう」の声も納得…

プロフィアに標準装備
 日野自動車が製造している積載量10トンクラスの大型トラック「プロフィア」。

 話題になっているのは、このトラックに標準装備されている「窓拭きステップ」です。

 現行型のフロントグリルには銀色に輝く4本のバーがあり、その下から2番目のバーに装備されています。

 グリルの一部にしか見えませんが、横にあるレバーを動かすことで実は開閉できるようになっているのです。

 ステップを開いて足場にし、グリルの上にある取っ手をつかみながら窓をふけるように設計されています。

 今月8日、販売会社である南関東日野自動車のツイッターアカウントがこの機能を紹介。

 足場を開いた状態の写真を添付してツイートすると、「ここ開くの?」「ボンドカーみたいにミサイル撃てそう」といったコメントが寄せられ、いいねは6000を超えています。

120キロまでOK
 日野自動車によると、プロフィアに開閉式の窓ふきステップが設けられたのは2005年ごろ。

 通常のトラックでは、バンパー部分などに足をのせる場所がありますが、より安定して窓を拭きやすいようにと開閉式を採用したそうです。

 ステップの位置を高めに設定しているため、手の届く範囲が広く、拭き残しが少なくなるのも特徴です。

 重さは120キログラムまで耐えられるように設計されているといいます。

 現行車種で採用しているのはプロフィアのみで、中型の「レンジャー」や小型の「デュトロ」には装備されていません。

 投稿が話題になったことについて、南関東日野自動車のツイッター担当者は「便利な装備なので、ご存じなかった方はぜひ試してみてください」と話していました。

    ◇

 国内の主要トラックメーカーに確認したところ、同じような開閉式の窓拭きステップを採用している車種はないとのことでした。

このニュースに関するつぶやき

  • 大型トラックの運転席って凄くカッコいいんだよね。ダッシュボードが左横迄回っていて、まさに操縦席って感じなんだよな。たまに運転席見学してる
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • これは助かりますねexclamation ��2
    • イイネ!23
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(36件)

ニュース設定