巨人、9回に3点を奪い逆転サヨナラ勝ち!大矢氏「嬉しい1勝」

45

2021年09月15日 21:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・岡本和真 (C) Kyodo News
巨人・岡本和真 (C) Kyodo News
○ 巨人 7x − 6 DeNA ●
<20回戦・東京ドーム>

 巨人が9回に3点を奪いサヨナラ勝ちを収めた。

 4−6の9回、巨人はDeNAの守護神・三嶋一輝から先頭のハイネマンがセンター前にはじき返し出塁すると、続く若林晃弘が三邪飛に打ち取られたが、ウィーラーの四球で一、二塁とし、ここで代打・八百板卓丸がセンター前に適時打を放ち1点に。続く松原聖弥がライト前に繋ぎ満塁とし、坂本勇人の適時打で同点とすると、4番・岡本和真の犠飛でサヨナラ勝ち。

 15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「今日は嬉しい1勝ですよね。(岡本の犠飛は)少し左中間寄りだったので、ランナーもセーフと確信してスタートを切れたと思います。本当に大どんでん返しでしたね。今の野球は最後までわかりません」と興奮気味に話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • この日は流れが一方的に行かず一進一退でそこでハイネマンの好守から最後の流れを掴んだ感じかな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 三嶋…満塁になった時点で3xが見えました…。巨人戦11試合中6試合で失点、完全に呑まれてますね。勝負に徹するなら替えるべきだったと思います。
    • イイネ!11
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(23件)

ニュース設定