自称「超ド級S」木村拓哉の「一番嫌」なトレーニングに中村アン驚き「嫌ですか?」

0

2021年09月16日 19:31  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真姿勢改善のために行っているトレーニングを明かした中村アン
姿勢改善のために行っているトレーニングを明かした中村アン
木村拓哉が中村アンとラジオ番組で対談した。共演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)や新作映画『マスカレード・ナイト』(9月17日公開)について話すなか、木村が中村に「トレーニングどれぐらいやってるの?」と聞いたことから過去の辛い体験を思い出す羽目になる。しかもトレーニング談義はお互いに「SかMか」を明かすほど盛り上がった。

【この記事の他の写真を見る】

9月12日放送の『木村拓哉 Flow』(TOKYO FM)で、高校・大学とチアリーディングをしていたゲストの中村アンに最近のトレーニングについて振った時のことだ。中村が姿勢改善のために「筋膜リリース」をやっていると答えたところ、木村拓哉は「出た、一番嫌なやつ」と笑いつつも動揺を見せた。

木村拓哉は以前にロケで体験した筋膜リリースが、忘れられないほど痛かったそうだ。中村アンは木村のリアクションが意外だったようで「嫌ですか?」と深追いすると、木村は少し考えてから「うん、どちらかと言うとSの方なんで」と苦手な理由を明かした。対して中村は「私はMの方なのでたぶん大丈夫」だという。

木村拓哉と言えば娘のCocomiとKoki,が昨年6月21日に「父の日」インスタライブを配信した際、「お父さんにやめてほしいことはありますか?」と問われて次女のKoki,が「あります。すごくSなんですよ。私が苦手と知りながらゴキブリを捕まえた時にニマッと笑いながら追いかけてくるのでやめてほしい」と訴えていた。

2015年7月には木村拓哉主演映画『HERO』の舞台挨拶で「誰が一番ドSか?」と聞かれてヒロイン役の北川景子が、撮影現場で会話した時に木村が自ら「超ド級のSだと思う」と話していたことを明かした。当の木村はそれを受けて、撮影本番前に北川がそわそわと落ち着かないので「ジタバタしてんじゃねーよ」と声をかけると「何でそういうこと言うんですか」と返されて「テラ級ドSだからだよ! 黙ってろ!」と言い放ったことを認めていた。

さらに2013年10月期放送の木村主演ドラマ『安堂ロイド〜AI knows LOVE?』(TBS系)でレギュラーを務める桐谷美玲と『王様のブランチ』のインタビューを受けた時には、「ツボを押して痛がる相手の顔を見るのが好き」という桐谷との“ツボ押し対決”を巡るエピソードを明かした木村が「桐谷さんもドSかもしれないけど、僕はテラ級ドSです」とその頃から表現していた。

そんな木村が今年3月7日に配信された『木村さ〜〜ん! #136「おうち時間にオススメ!木村拓哉と一緒に『ヨガ』をやろう!」』(TOKYO FM × GYAO!)で「筋膜リリース」によって癒着した筋肉をほぐしてから「美筋ヨガ」に挑戦した。教えてくれた美筋ヨガインストラクター・廣田なおさんのインスタグラムには、視聴者から「悶絶している木村さん、それをニコニコ顔で指導されているなお先生…お二人ともとっても可愛かったです」と反響が寄せられている。

このたびラジオ番組で中村アンから筋膜リリースについて「嫌ですか?」と聞かれ「どちらかと言うとSの方なんで」と苦手意識をうかがわせた木村拓哉だが、実は「テラ級ドS」なだけに、廣田なおさんからニコニコ顔で指導されたことで筋肉のみならず心まで痛みを感じたのかもしれない。

画像2、3枚目は『中村 アン 2021年3月19日付Instagram「私の胸の位置が愛ちゃんの腰の位置」』『廣田なお“美筋ヨガ”考案 2020年5月22日付Instagram「こんばんは」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)
    ニュース設定