「肩パッド入りスーツ」「ヤンエグ」「有人改札」――消えゆく文化を集めた『絶滅事典』が懐かしさでいっぱい

124

2021年09月16日 19:47  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ボディコンや屋上遊園地など、廃れた文化が並ぶ『絶滅事典』書影
ボディコンや屋上遊園地など、廃れた文化が並ぶ『絶滅事典』書影

 「改札で切符を切る駅員」や「学校の電話連絡網」など、消えゆく1970〜90年代の物事を集めた書籍『絶滅事典 20世紀末モノ&コトカタログ』(出版:カンゼン/編著:造事務所/価格:1540円)が発売されました。動物でなく、いわば文化のレッドリストです。



【画像を見る】『絶滅事典』の中身



 昭和後期から平成初期にかけては当たり前だった服装や習慣などを、「生活(衣食住)」「学校」「趣味・娯楽」「職業・技術」の4章構成で紹介。各項目は発祥や流行の時期とともに、著者の判断で「絶滅度(見かけなくなった度合い)」が4段階で格付けされています。例えば「アベック」の絶滅度はA……確かに、かろうじて「アベックホームラン」の形で見るくらいかな、もう。



 個人情報保護のため廃止された連絡網や、バブル崩壊とともに消えていった「ヤンエグ」や「派手な演出の結婚式」など、廃れた背景もあわせて解説。当時を思い出すツールとしても楽しめそうです。


このニュースに関するつぶやき

  • 「この20年間、アメリカに押しつけられた改革で日本が失った2つのもの」 (現代ビジネス:講談社 2011.11.16) https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1977349213&owner_id=67611045
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • デパートの屋上遊園地と大食堂。。
    • イイネ!38
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(79件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定