「IP〜サイバー捜査班」最終回、佐々木蔵之介“安洛”娘・福原遥“古宮山”にかけた言葉に「尊い」

1

2021年09月16日 23:52  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「IP〜サイバー捜査班」最終話(C)テレビ朝日
「IP〜サイバー捜査班」最終話(C)テレビ朝日
佐々木蔵之介主演「IP〜サイバー捜査班」が9月16日の放送回でフィナーレを迎えた。捕われた古宮山に放った安洛の“言葉”に「可愛かった」「全私が泣いた」などの声が続出、ラストで見せた間宮祥太朗演じる多和田の笑顔にも多くの反応が集まっている。

ネット分析やプロファイリングなど最先端の機器とスキルによる捜査支援を主とした部署に“現場捜査+逮捕権”を付与した画期的なチーム「サイバー総合事犯係」が京都府警本部に設立。このサイバー総合事犯係の活躍を描いてきた本作。

サイバー総合事犯係主任の安洛一誠を佐々木さんが演じ、サイバー総合事犯係に赴任してきた安洛の娘・古宮山絆に福原遥。安洛を警察庁に異動させるために送り込まれた多和田昭平に間宮さん。サイバー総合事犯係で映像解析を担当する川瀬七波には堀内敬子。プロファイリングを担当している平塚栄太郎には杉本哲太。サイバーパトロールを担当する岡林琢也には吉村界人。

安洛とは30年近くの付き合いになる解剖医の夏海理香に高畑淳子。サイバー総合事犯係に協力的な鑑識課の畑野陽葵に中川知香。多和田の父親で安洛を警察庁に呼び寄せようとする楡井文則に升毅といった俳優陣が共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

ディープフェイク動画大量流出事件の首謀者とされる永尾享二(波岡一喜)が自ら命を絶った動画が拡散される。安洛は動画の前半部分がフェイクで、桐子香澄(内山理名)警視正が“真犯人”だと見抜く。だが逮捕された桐子は黙秘する。さらにフェイクとされた西堂牧彦(大東駿介)と桐子の密会動画が“本物”であることも判明。桐子は西堂に脅迫され永尾に毒薬を届けていた。

そんななか安洛に“宣戦布告”した西堂を探すため、1人で彼の自宅に向かった古宮山が西堂によって連れ去られる。古宮山が残した手掛かりから安洛は彼女を見つけ出す。

一方、楡井の真の目的が、安洛に全国の警察官を監視するシステムを構築させるためだったことが判明。安洛は楡井の誘いを断り、多和田もまたサイバー総合事犯係に残ることを決める…というのが最終回のストーリー。

古宮山を助ける際、安洛が発した「父さんが絶対に助ける!」という言葉に「「父さんが絶対に助ける」可愛かった」「「父さんが絶対に助ける!」カッコよくて感動した〜」「最後の父さんが絶対助けるって言葉に全私が泣いた.....尊い」などの声が送られる。

安洛たちが古宮山救出に動いている隙に海外に逃亡しようとする西堂だが、理香たちが作成したフェイク動画に騙され安洛たちに逮捕される…という結末だった。これにも「ディープフェイクでやり返した!」「ディープフェイク返しだな」「自分が仕掛けたディープフェイクに足元すくわれる西堂」といった声が。

ラストでは楡井の誘いを断った安洛が、古宮山の言葉で“フリーズ”する。その様子を見た多和田の笑顔にも「最終回多和田さんの笑顔が見れました」「最後の笑顔が100点満点だからスマート多和田さん大好き」「最後のシーンの多和田の笑顔最高だった」などの感想が送られている。




(笠緒)

このニュースに関するつぶやき

  • 此の枠の刑事ドラマは続編はあまり無い事が多いのだが続編観たいな、刑事110キロは2が有ったな、捜査地図の女も観てたし。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定