警察幹部のおじから繰り返し性的暴行された20代女性 親にも相談できず自殺を図る

1

2021年09月17日 05:30  しらべぇ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

親族内の権力者が、それを悪用して非力の女性に性的暴行を働き、卑劣な方法で口止めをする。これは決して許されないことだ。インドのメディア『India Today』が1人の若い女性の身に起きた出来事を報じ、その壮絶さが波紋を広げている。

■遺書を残さず川に投身

12日の夜、インド・ウッタルプラデーシュ州のミルザプル地区で、25歳の女性がガンジス川に身を投げ、あわやというところでダイバーに救助された。

彼女は遺書などを残しておらず、もしも死亡していたら、2年にわたり彼女を苦しめていた忌まわしい性犯罪の事実は、そのまま闇に葬られていただろうという。

■おじは親族内の権力者

自殺を図った動機について、警察に「性的暴行を何度も繰り返すおじに耐えられなかった」と話した女性。おじは同州カンプール市に暮らす親族内の権力者で、女性は身内の怒りを買い、両親が不仲に陥ることを恐れて誰にも相談できずにいた。

また、おじは警察の交通局長を務めており、被害を警察に訴えたところで事件をもみ消すに違いないと考え、悩んだ末に死を決意したという。

■ホテルの食事で睡眠薬を…

2019年1月、宗教行事のためアラーハーバードに滞在中のおじに招かれ、家族とともに訪ねて行った女性は、あるとき1人だけホテルでの食事に誘われた。そこで睡眠薬を混ぜたドリンクを飲まされ意識を失うと、客室で性的暴行の被害にあったという。

さらにおじは、その性行為を録画していた。「他言したらこの映像を流出させる」と脅迫しながら、その後も迫ってきたという。

■おじの子を妊娠

女性はやがて妊娠し、おじに告げると「堕胎してくれ」と妊娠中絶薬を渡された。

さらに今月12日にも呼び出された女性は、おじとその息子の両者から性行為を強要された。抵抗すると殴られたが、何とか逃げ出すことに成功。「いのちの電話」に相談したものの、絶望感のあまり川に飛び込んだという。

おじやその息子の起訴に関し、警察は「女性の身体検査の結果を見てから判断する」としている。

    前日のランキングへ

    ニュース設定