秋山翔吾、2戦連続の安打と決勝点呼び込む犠打で勝利に貢献!筒香嘉智は3打数無安打

1

2021年09月17日 09:00  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真レッズの秋山翔吾
レッズの秋山翔吾
● パイレーツ 0 − 1 レッズ ○
<現地時間9月16日 PNCパーク>

 レッズの秋山翔吾選手(33)は16日(日本時間17日)、敵地で行われたパイレーツ戦に「8番・中堅」で先発出場。第1打席で左中間への二塁打を放ち、2試合連続で安打を記録した。




 0−0の2回、二死走者の第1打席。パイレーツ先発のコナー・オーバートンに対してかんたんに追い込まれるも、3球目の外角低めを逆らわずに弾き返すと、打球は左中間への二塁打に。

 第2打席は見逃し三振に倒れたものの、7回は無死一・二塁できっちりと送りバントを決め、チームは続く打者の犠飛で先制。結局、この1点がこの試合唯一の得点となった。

 秋山は7回裏の守備から交代となり、この日は3打数1安打。チームも連敗を4でストップしている。



 一方、パイレーツの筒香嘉智選手(29)はこの試合に「2番・右翼」で先発出場。空振り三振、四球、中飛、右飛の3打数無安打に終わった。
    ニュース設定