『レミニセンス』圧巻! 水没都市へと吸い込まれる本編冒頭ワンカット映像解禁

0

2021年09月17日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『レミニセンス』メインビジュアル (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
映画『レミニセンス』メインビジュアル (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
 現在公開中の俳優ヒュー・ジャックマン主演映画『レミニセンス』より、夜の海から水没都市へと吸い込まれるように映像が流れていく圧巻のワンカット本編冒頭映像が解禁された。

【動画】『レミニセンス』本編冒頭ワンカット映像

 本作は、人の記憶に潜入(レミニセンス)し、記憶を360度の空間で再現、<膨大な記憶>×<再現される空間>によるトリックを描く、SFサスペンス作品。

 ヒュー・ジャックマンが演じるのは、人の記憶に潜入(レミニセンス)し、その記憶を360度の空間映像に再現して事件を解決する記憶潜入エージェント。レベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートンらが共演する。製作を務めるのは、クリストファー・ノーラン監督の弟ジョナサン・ノーラン。監督はリサ・ジョイ。

 今回解禁されたのは、本編冒頭のワンカット映像。鳥のような俯瞰した目線で、海から徐々に水没した街へと映像が流れていくところから始まる。そして、廃業した遊園地にセットを建て、更にそのセットを浸水させて撮影したという街で「過去は幽霊ではない。我々を覚えてもいない。幽霊がいるとしたら、過去に取り憑く我々だ」というセリフに続き、ヒュー演じる主人公ニックが現れ、水の中に落ちている“ハートのQ”のトランプのカードを手にする。

 この夜の海の映像は、水や炎のCGに定評があり、マーベル作品やモンスター・ヴァースシリーズなど様々なハリウッド大作でCGを手掛ける制作会社スキャンラインVFXによるもの。世界最先端のCGと大規模でリアルなセット撮影によって作り上げた、圧倒的な没入感をもたらす映像となっている。

 また今回、本作を一足先に鑑賞した日本SF作家クラブからのコメントも到着。同クラブ会長の池澤春菜氏は「フィルムノワールやスチームパンクといったクラシカルでレトロなガジェットを使いつつ、斬新で蠱惑的な世界が!!夢の中を彷徨うような重層的なストーリー、とびっきりのロマンス、美しい音楽、どれをとっても映画的快楽に溢れている。個人的主人公は、断然ワッツ」と絶賛の声を寄せている。

 映画『レミニセンス』は公開中。
    ニュース設定