「令和のハイレグプリンセス」林田百加、世界初“光るハイレグ”挑戦

0

2021年09月17日 10:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『FLASH』9月14日発売号に登場する林田百加(C)光文社/週刊FLASH 写真◎木村哲夫
『FLASH』9月14日発売号に登場する林田百加(C)光文社/週刊FLASH 写真◎木村哲夫
 グラビアアイドルの林田百加(20)が、写真週刊誌『FLASH』(14日発売・光文社)に登場。デビュー1年目の新人ながら「令和のハイレグプリンセス」と呼ばれている注目のグラドルが、世界初の試みとして“光るハイレグ”に挑戦した。

【別ショット】電飾を手に不思議な空間で…ボディーラインあらわな林田百加

 都内の有名大学に通っている林田は、艶やかな黒髪に整った顔立ちで、私服姿は“モテ系大学生”にしか見えないが、ハイレグ衣装を身にまとうと、途端に危険で妖しい“鋭角の姫”に変身。今回は「「夏の終わりとパリピ」をテーマに、ギラギラのサングラスやウォーターフロートなどなどのアイテムも取り入れた。

 「とにかく大掛かりで、着るのに30分くらいかかりました。ハイレグラインはテープ状、体には豆電球型のLEDを巻いて、2種類の電飾を使っているところがポイントです。着心地は、動きづらいけど、すごく強くなった気持ちになりました。指先からレーザービームが出そうな衣装じゃないですか(笑)。暗いところにいて、ハイレグが浮き上がるというのはシュールだけど、ある意味オシャレかも(笑)」

 今回のグラビア掲載は、4月に林田が登場した掲載号を、手売りで500冊完売するというミッションをクリアしたことから実現した。「発売日から毎日、Fresh!撮影会に出演して、最終的には540冊販売することができました。大変というよりも、1週間、毎日お仕事があるって幸せだなと感じましたね。初めて会った方にも、『1冊ください』と声をかけてもらったり、人の温かさに触れられたイベントでした。このイベントを機にTwitterのフォロワー数も5000も増えました。挑戦してよかったと思います」。

 同号にはそのほか、出口亜梨沙、中川珠里、奈月セナなどが登場。表紙を飾ったのは大原優乃。
    ニュース設定