【ワークマン】なんと総額5,000円以下!チープにならない「全身キャンプコーデ」完成

1

2021年09月17日 10:31  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
「キャンプコーディネート」は高くつく?

【着用イメージあり】全身コーデの写真も!「ワークマン」キャンプファッション

もちろん、大手アウトドアメーカーのアイテムばかりで固めたらそうかもしれません。でも、最近ではプチプラでも本格的なキャンプコーデができるブランドが増えているんです。

筆者のおすすめは「ワークマン」。最近では一般受けする高コスパでデザイン性の高いウェアの取り揃えが多く、女性にも大人気なんです。

今回は、ワークマンの中でも人気のアイテムを使って全身キャンプコーデにチャレンジしてみました。

■なんと総額5,000円以下!? ワークマンで全身キャンプコーデしてみた

■レディース トランスフォームアノラック 価格:1,900円(税込)

アノラックというと、聞き馴染みの無い人が多いと思います。

私もどういったものか知らなかったのですが、調べてみると防寒、防風、防雨性に優れたフードつきジャケットのことをいうようです。

こちらは襟の中にフードをしまえて、フードありのスタイルも無しのスタイルも楽しめるのが人気のアイテム。

2色のバイカラーが今時なデザインで、オレンジ×ベージュ(サンバーン)、ブラック×ホワイト(シルバー)、サーモンピンク×ピンク(フェイドピンク)、ブルー×ネイビー(インク)の4色展開。全て女性心をつかむカラーリングです。

派手過ぎず、少しくすんだ色合いで日常使いもしやすいです。

また、こちらのアイテムはお腹のポケットにアノラックを入れるとボディバッグになるという驚きの機能も!

山の天候は変わりやすいもの。こちらのアイテムなら暑いときはポシェットとして持ち運んで、日が暮れて肌寒くなってきたら広げて使うことができます。

しかも、ポシェットにしたとき、中に別の物も入れられるスペースがあるんですよ。

実際に試してみると、500mlペットボトルが余裕で入りました。小さく収納できるジャケットは他メーカーでもよく見るものの、しっかりバッグとして機能するものは珍しいのではないでしょうか。

また、キャンプにおすすめしたい特徴として、UVカットがあります。

こちらはUVカット率が90%で、日差しが強いアウトドア時に嬉しいです。

半袖の上に羽織ると、薄さの割にしっかりとした暖かさを感じました。春先、秋や夏の夜など少し肌寒い時期にちょうどいい保温性です。

価格は1,900円でリーズナブルなので、色違いで集めたくなるくらい機能的でかわいいアノラックです。

■MOVE ACTIVE TRACK(ムーブ アクティブ トラック)パンツ 価格:1,900円(税込)

キャンプウェアに求められるのは動きやすさ。

こちらは「ムーブアクティブ」と商品名にある通り、動きやすさに特化したパンツです。

腰ひもで調節可能

カラーはチャコール杢、ブラック、キャメル、グレー杢の4色展開。どれもシンプルでコーデしやすいカラーリングです。

今回はトップスに合わせてチャコール杢を選びました。

実際に履いてみました。スリムなフォルムですが、ひざ上、ひざ、ひざ下の3パターンに生地が分かれており、激しく動いても各部分が干渉せず、のびのび動けるようになっています。

左の腰部分には反射プリントがあり、夜間も安全に使用できます。

スウェットパンツってポケットがついていても浅かったりチャックが無かったりして、よく物を落とすんですよね。何回財布や携帯をなくしたことか。

キャンプ場で貴重品をなくしたら大変。でもこちらのパンツの両サイドにはファスナーポケットがついていて、貴重品も安全に収納できます。

■アスレシューズマジック 価格:980円(税込)

人気のアスレシューズシリーズ

最後のアイテムはシューズ。ワークマンには低価格で高品質なシューズが豊富なんですよ。

キャンプ場ではテントの出入りなどで、意外と靴を脱ぎ履きするんですよね。

今回選んだシューズはマジックテープ着脱で脱ぎ履きしやすく、足にもしっかりフィットしてくれます。

実際に履いてみました。履き口は厚めのパッドがついていて、ホールド力があります。かかとにもぴったりフィットし、安定して歩けます。

そして驚くべきはその軽量性。片足150g(26cm)で履いているのを忘れているくらい軽いんです。

クッション性もあり、長時間履いても疲れにくいのも嬉しいです。

キャンプ場では川辺で遊んだり、重い荷物を持って歩いたりと、足に負担がかかるもの。

軽量で動きやすいこちらのシューズなら、快適なキャンプ時間が送れますよ。

■全身コーディネートをしてみると…

今回紹介した3点を使用してキャンプコーデをしてみました。

全体をモノトーンでコーデしたのでスタイリッシュなスタイルになりました。

アノラックの胸部分の白のおかげで、重くなりすぎないコーデになりました。

総額は驚きの「4,780円」!なんと全身コーデで5,000円を切っています。

大手アウトドアメーカーのアイテムだと1アイテム1万円はしてしまうので、それを考えたら驚くべき低価格ということが分かります。

全体のコーデを見た感じ安っぽく見えません。そこまでブランドにこだわらないのであれば、低価格高機能のアイテムが揃うワークマンはかなりおすすめです。



今回紹介したアイテムはどれも低価格高機能で、とてもワークマンとは思えないおしゃれなデザインの物ばかりでした。キャンプ初心者でもこれほど低価格ならお試しでいろんなコーデを楽しむことができますね。

※値段はセールなどで変動します。
※数に限りがあります。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
※デザイン・価格・種類数は変更となる場合があります。

このニュースに関するつぶやき

  • 写真の靴が該当商品だとしたら絶対に選ばんぞ〜
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定