サイバード創業者のベンチャー破産 「心からのお詫びと挽回を誓う」

1

2021年09月17日 13:52  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真Oceansが提供していたKIUNAアプリ(当時のニュースリリースより)
Oceansが提供していたKIUNAアプリ(当時のニュースリリースより)

 東京商工リサーチなどによると、サイバード創業者の堀 主知(ほり・かずとも)ロバート氏が2016年に創業した、アスリートのコンテンツ配信などを手掛けるベンチャー企業・Oceansが9月8日付で東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は調査中。



【その他の画像】



 堀氏はサイバードの社長退任後の2016年にOceansを設立。「アスリートが生活に困らず、ちゃんと食べていける食って行ける世界をつくる一助になりたい」という思いで創業したという。



 同社はファンや企業がアスリートを応援したり、金銭面でサポートできるプラットフォーム「KIZUNA-絆-」のアプリを2017年から運営していた。



 堀主知氏は自身のFacebookで「僕は正しいと思い進めてきたやり方ですが、途中から様々な不正に行き当たり、正義を貫こうと出来る限り頑張ったのですが、無念にも志半ばで力尽きる形となりました」などと報告。「ご迷惑をおかけした皆様に心からのお詫びと挽回を誓う」と述べている。


    ニュース設定