「国民の支持得る」「共感に努力」=自民総裁選、4候補が意気込み

140

2021年09月17日 14:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真(写真左上から時計回りに)河野太郎規制改革担当相、自民党の岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行
(写真左上から時計回りに)河野太郎規制改革担当相、自民党の岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行
 自民党総裁選が17日午前、告示された。4人の候補者は29日の投開票に向け、出陣式などでそれぞれ意気込みを語った。

 河野太郎規制改革担当相(58)は、オンライン形式で出陣式を開催。「皆さんのチームプレーが必要だ。国民一人ひとりの支持を得て総裁選を勝ち抜いていきたい」と呼び掛けた。出陣式には中堅・若手を中心に、ベテランの森山裕国対委員長や佐藤勉総務会長を含む約80人が参加した。

 岸田文雄前政調会長(64)は、東京・赤坂の衆院議員宿舎で記者団に対し、「想像以上にすっきりと朝を迎えることができた。大変気持ちが盛り上がっている」と強調。「最後の最後まで多くの方に私の思い、政策を理解、共感してもらえるよう努力を続けたい」と訴えた。

 高市早苗前総務相(60)は衆院議員会館の事務所で、イメージカラーだという青のジャケット姿で取材に応じた。演説原稿の準備などで就寝が午前5時ごろになったと苦笑しつつ、「精いっぱい政策を訴え、国会議員と党員・党友に伝える努力を続ける」と力を込めた。

 4度目の挑戦で出馬を実現させた野田聖子幹事長代行(61)は、党本部で開かれた出陣式に出席。約10人の議員を前に「候補者として発言の機会をいただき何よりの喜びだ」とにこやかな表情を浮かべた。その上で「謙虚で誠実で、国民から信頼を得ながら頑張る自民党を見せたい」と決意を口にした。 

このニュースに関するつぶやき

  • ■安倍首相の「安保法制」妄執の背景に、敬愛する祖父・岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが! https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1980061249&owner_id=67611045
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 決選投票になれば議員票が重要🤪そ〜なりゃ他派閥との協力関係を築いておく必要がある🤪結局派閥の存在って大きいんだよね〜🤪数は力🤪
    • イイネ!57
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(102件)

ニュース設定