台風は西日本に上陸へ 18日は西日本・東日本で非常に激しい雨 北日本も荒れた天気

4

2021年09月17日 18:31  日本気象協会

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真台風は西日本に上陸へ 18日は西日本・東日本で非常に激しい雨 北日本も荒れた天気
台風は西日本に上陸へ 18日は西日本・東日本で非常に激しい雨 北日本も荒れた天気

台風14号は、きょう17日の夜のはじめごろにかけて九州北部に上陸する見込みです。あすにかけて西日本から東日本では大荒れの天気となり、暴風や高波、大雨などに警戒が必要です。また、交通にも影響が出るおそれがあるため、注意が必要です。



●台風は九州北部に上陸後、西日本・東日本に広く影響及ぼす


台風14号は、きょう(17日)午後5時現在、長崎県壱岐市付近にあって、1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでいます。午後5時現在、台風周辺の雨雲は九州北部付近の海上にあって、長崎県や佐賀県、福岡県などでは風が強まり、非常に強い風が吹いている所もあります。台風は、きょう夜のはじめごろにかけて、九州北部に上陸する見込みです。
台風は九州北部に上陸後、中国四国にはきょう夜遅くからあす(18日)明け方にかけて最接近する見通しです。近畿に最も近づくのははあす朝から昼すぎにかけて、東海はあす昼前から夜遅くにかけてとなりそうです。台風は、あす夜には東海道沖で温帯低気圧に変わる見通しです。その後、温帯低気圧があさって(19日)朝にかけて、伊豆諸島付近を通過し、関東地方に近づく予想です。西日本から東日本にかけての広い範囲で、台風の接近前から発達した雨雲がかかり、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。


●警戒のポイントは


西日本で警戒が必要なのは、暴風や高波、大雨に伴う土砂災害や低い土地の浸水などです。また、潮位が高い時期と台風の接近が重なるため、高潮にも厳重に警戒してください。
また、東日本(東海・関東)では、土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒が必要です。
あす(18日)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州北部は、25メートル(35メートル)、
四国、中国地方、近畿は、23メートル(35メートル)、
九州南部、東海は、20メートル(30メートル)となっています。
また、あす(18日)予想される波の高さは、
九州北部は、6メートル、
九州南部、四国、近畿、東海は、5メートルです。


●予想される雨の量


あす(18日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
四国は300ミリ、
東海は、250ミリ、
近畿、関東甲信は、200ミリ、
中国地方は、150ミリ、
九州北部は、120ミリ、
九州南部、北陸は、100ミリとなっています。
また、その後、あさって(19日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
東海と関東甲信で、100〜150ミリです。


●北日本も低気圧の影響で荒れた天気


一方、北日本は、別の低気圧や前線の影響で、あすは雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。
あす(18日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
北海道、東北で180ミリとなっています。
また、その後、あさって(19日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
北海道、東北で、およそ50ミリです。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒してください。


    ニュース設定