「文豪ストレイドッグス」初の実写映画、2022年1月公開! もしも、中島敦と芥川龍之介が逆の立場だったら…特報映像も公開

0

2021年09月17日 18:52  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『文豪ストレイドッグス BEAST』ティザービジュアル(C)映画「文豪ストレイドッグスBEAST」製作委員会
『文豪ストレイドッグス BEAST』ティザービジュアル(C)映画「文豪ストレイドッグスBEAST」製作委員会
『文豪ストレイドッグス』シリーズ初の実写映画『文豪ストレイドッグス BEAST』が、2022年1月7日に公開決定。あわせて、ティザービジュアル&特報映像もお披露目となった。

『文豪ストレイドッグス』の原作は、朝霧カフカと春河35のコンビが「ヤングエース」2013年1月号で連載開始し、シリーズ累計850万部(電子含む)を記録する同名コミック。
ヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介といった実在の文豪の名を持つキャラクターたちが繰り広げる“異能”アクションバトルを描き、これまでにアニメ化、舞台化など様々なメディアミックスを展開してきた大ヒットシリーズだ。

シリーズ初の実写映画『文豪ストレイドッグス BEAST』は、「もしも主人公の中島敦と、その宿敵である芥川龍之介、ふたりの所属する組織が逆だったら……?」という“if”のストーリーを映し出す。
キャストは、『舞台 文豪ストレイドッグス(通称:文ステ)』シリーズで芥川龍之介役を演じる橋本祥平と中島敦を演じる鳥越裕貴を筆頭に、これまで『文ステ』に登壇してきた俳優たちが引き続き出演。
また、『スーパー戦隊』『仮面ライダー』『ウルトラマンシリーズ』を手掛けアクションバトルやVFX演出を得意とする坂本浩一が監督、原作コミックをはじめ小説版『文豪ストレイドッグス』の数々も手掛ける朝霧カフカが脚本を担当する。


今回お披露目となったティザービジュアルでは、本作ならではの“if”の世界感が表現されており、「“白”と“黒”が辿ったもうひとつの物語」というキャッチコピーからも期待が高まる1枚に。
特報映像では、貧民街の倉庫で子どもたちが倒れているなか立ち上がる芥川龍之介(橋本祥平)、ポートマフィアのビルを悠然と歩く“ポートマフィア白い死神”こと中島敦(鳥越裕貴)の姿が映し出された。



映画『文豪ストレイドッグス BEAST』は、2022年1月7日公開。
また、特典として特製A4クリアファイルが付属するムビチケ前売券が、1,500円(税込)で9月18日より発売となる。

【キャスト】
橋本祥平 鳥越裕貴 
谷口賢志 輝馬 長江崚行 桑野晃輔 堀之内 仁 広川 碧 齋藤明里
田淵累生 桑江咲菜 紺野彩夏 植田圭輔
【原作】
角川ビーンズ文庫「文豪ストレイドッグス BEAST」
【監督】
坂本浩一
【脚本】
朝霧カフカ
【配給】
KADOKAWA

(C)映画「文豪ストレイドッグスBEAST」製作委員会

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定