『スター・ウォーズ:ビジョンズ』スタジオコロリド『タトゥイーン・ラプソディ』場面写真&ストーリー公開

0

2021年09月17日 20:12  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真スタジオコロリド制作『タトゥイ ーン・ラプソディ』場面写真 (C)2021 TM & (C) Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
スタジオコロリド制作『タトゥイ ーン・ラプソディ』場面写真 (C)2021 TM & (C) Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
 短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』(ディズニープラス/9月22日配信開始)より、スタジオコロリドが制作した『タトゥイーン・ラプソディ』のあらすじと場面写真が解禁された。

【写真】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』スタジオコロリド制作『タトゥイ ーン・ラプソディ』場面写真

 本作は、『スター・ウォーズ』シリーズを生み出したルーカスフィルムが、日本の7つのアニメスタジオとタッグを組んで、9つの新しい物語を描いたオリジナル短編アニメ映画集。『タトゥイーン・ラプソディ』では、ルーク・スカイウォーカーの故郷でもある砂漠の惑星タトゥイーンを舞台に“ロックミュージシャンを志す主人公たち”を描く。

 元ジェダイや廃棄ドロイドなど、訳アリのメンバーが集いアウターリムを転々としながらライブ活動をしていたバンド、スター・ウェイバー。バンドリーダーのギーザーはギャング稼業の一族から裏切り者として追われ、ついには凄腕賞金稼ぎボバ・フェットに連れ去られてしまう。ギーザーの公開処刑が近づく中、バンドメンバーは惑星タトゥイーンの犯罪王ジャバ・ザ・ハットに取引を持ち掛けた。自分たちの命と引き換えに、最期のライブをさせてくれないか、と…。

 解禁された場面写真では、砂漠の惑星タトゥイーンを舞台に、スター・ウェイバーのメンバーが描かれている。ジェダイのような服装に身を包んだボーカル担当のジェイ、ギター担当のドロイド・K‐344(愛称カーティ)、赤い肌に3つの顔がを持つドラムのラン。そして正史にも登場する人気キャラクターのボバ・フェットやジャバ・ザ・ハットなど、おなじみのキャラクターも登場する。

 監督を務める木村拓は、「プロジェクトは従来の設定にとらわれず自由な発想の企画を募集するということだったので、思い切ってジェダイとシスの戦いとは全然違った、この銀河の片隅に生きる人を描きたいと思いました」と、ロックバンドをテーマにした理由を明かす。

 本家ではカンティーナバンドのフィグリン・ダンとモーダル・ノーズなど魅力的な音楽家が登場することにも触れ、「そういった音楽家にフューチャーすれば今までとは違った作品になるのではないかと思いました。そして音楽の中でも今までに無いロックというジャンルと、ロックにおける反骨精神がうまく物語に機能するのではないかと考えました」とコメントしている。

 オリジナル短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、ディズニープラスにて9月22日より全9話一挙配信。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定