『こち亀』、誕生45周年!新刊201巻の書影を初公開!45周年記念施策も続々

58

2021年09月18日 00:01  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
1976年9月に連載を開始し、40周年の2016年9月に200巻の発売と同時に連載最終回を迎えた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(著・秋本治)だが、今年は誕生から45周年のアニバーサリーイヤーということで、記念すべき201巻が10月4日(月)に発売。その書影が初公開となった。


記念すべき201巻は、お祭り気分のトロピカルな表紙。ジャンプコミックス初収録の内容は、2016年開催の「こち亀展」で展示された、会場限定の「想い出の巻」、リミックス『平成こち亀』シリーズ収録の描き下ろし3編、2017年以降に「週刊少年ジャンプ」に掲載された新作7編などとなっている。



また 45周年の記念施策も続々。アニメ版で主人公・両津勘吉の声を演じたラサール石井、YouTuberのHIKAKIN、『銀魂』の空知英秋など各界のファンがレコメンドする3話が読める特設ページの期間限定OPENをはじめ、既刊を再編集したリミックス版の発売、さらには描き下ろしの新作読切など話題盛りだくさんとなっているので、こちらもチェックしておきたい。



(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

このニュースに関するつぶやき

  • 連載終了と大大的に騒いだのはなんだったのか
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 両津勘吉「とっくの昔に短編すら出なくなった漫画を何周年と記念イベントやるだろ。そこへいくと数年にたった数ページでも描いてりゃ活動継続中だ、何周年と謳ってもインチキにはならん」 中川圭一「そうなんですか?」
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

オススメゲーム

ニュース設定