巨人らしくない!? 谷繁氏が“いつも”と異なる継投を指摘「動くかなと」

0

2021年09月18日 07:50  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・原辰徳監督(C) Kyodo news
巨人・原辰徳監督(C) Kyodo news
◆ 勝てば2位浮上のチャンスも…

 巨人は17日、勝てば2位浮上となるヤクルトとの直接対決に臨み、2−8で完敗した。

 巨人は初回に先取点を奪ったものの、先発の盒桐サが2回に先頭打者に四球を与えると一死満塁とされて犠飛から失点。4回にはサンタナに2ランを打たれて勝ち越しを許してしまう。

 5回には、替わったばかりの田中豊樹が初球を山田哲人に左翼席へ運ばれて4失点目。そして迎えた8回には、7回から登板していた4番手の古川侑利がヒットと四球、犠打で無死二、三塁とされると、代打・川端慎吾を申告敬遠で満塁に。すると迎えた塩見泰隆に試合を決定づけるグランドスラムを被弾。試合の大勢は決してしまった。

17日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた谷繁元信さんは、8回に川端を申告敬遠で歩かせた場面について言及。「3点差で8回、9回の攻撃を迎えるためには、川端勝負でもいいと思った」と述べ、「そのためには、いつもの継投で勝負をかけにいくのかと思ったら、申告敬遠でそのまま。それも古川は今季初登板で回跨ぎ、場面的にも少し重かった」と主張。左打者の川端に左腕を当て、右になれば右腕を当てる普段の采配がみられなかったこを指摘した。

 谷繁さんは「あと守りは9回だけ。この場面でいつもと違うなと。動くかなと思ったんですけど、動かなかったので、何か意図があるとは思いますが、いつもの継投ではないなと感じた」と続け、点差と状況的に総力戦に出ても良かったのではないかとの見解を示した。

 結局、8回に4点を失った巨人は為す術なく敗戦。試合のなかった首位・阪神とのゲーム差は「3」に拡大した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』


【動画】巨人投壊でヤクルトに大敗
    ニュース設定