油断は禁物!「結婚を前提に」と軽く言う男性心理と“誠実さの見極めポイント”

2

2021年09月18日 14:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
男性から「結婚を前提に」と言われると「真面目な人」というイメージを抱きますね。

「誠実な男性」は絶対しない5つのこと。ケンカで彼氏の器がわかる!

でもその男性心理は、計算されたものだったり、好印象を与えるための作戦だったりすることも。

今回は「『結婚を前提に』と軽く使う男性心理と見極めポイント」をご紹介します。

男性の本音を知りたい人は要チェックです。

■知っておきたい!「結婚を前提に」と軽く使う男性心理

■1:気持ちの押し付け

年齢を重ねるうち「早く結婚しなきゃ」と焦って「結婚を前提に」という言葉を使います。

例えば、うんと年下の彼女が「まだ結婚なんて考えたこともない」と言っても、自分の気持ちを押し付けるなんてことも。

とにかく「結婚」で頭がいっぱいで、この言葉なら女性も喜ぶに違いないと勘違いしている可能性もあるでしょう。

しつこい結婚話は「重い」とわかっているのに歯止めが利かないのです。

■2:安心させたい

見るからにチャラい男性から「結婚」という言葉を聞くと「お付き合いに真剣なんだ」と思ってしまうものですね。

でも、実際は女性を安心させて浮気に走ることが目的なので、もちろん本気で言っている訳ではありません。

また、信じてもらうことで浮気の発覚を遅らせる作戦ということも。

騙された女性が「結婚するって言ったのに……」と肩を落としても「そんなこと知らないよ」としらを切ったりするでしょう。

■3:とりあえずキープ

婚活中はお互い「ゴールインしたい」と思っているので「結婚を前提に」という言葉がとても効果を発揮します。

またマッチングアプリの場合、交際前なら同時に何人もの女性とやり取りすることができるので、とりあえずキープするため使われることも。

もし「将来のことだからよく考えたい」と言われたら、「他の女性と比べる時間がほしい」という意味だと取っていいでしょう。

■4:振り向いてもらうため

例えば、女性を誘っても「忙しいので」と気のない返事をされると、さすがに「脈なし」だと思いますね。

そこで、次の一手として「結婚を前提に」という言葉を使うことも。

それは「結婚願望がない好みの男性」より「結婚話が出る知り合い」の方がいいだろうという考えからです。

「結婚」という言葉をチラつかせ「俺となら早く一緒になれるよ」とアピールする狙いがあります。

■「本気で結婚を考えている男性」と「そうでない男性」の見極めポイント

もし男性が本気で「結婚を前提に」と言うのなら、まず二人の気持ちを考えた思いやりのある行動をしてくれるはず。

また「一年後」「仕事で昇進したら」と具体的な例を挙げながら結婚への決意を伝えてくれるでしょう。

しかし、そうでない男性は自分のことしか考えていないのであなたの気持ちなんてお構いなし。

やたらと「結婚」を強調してくるけれど、一向に先が見えないという特徴があります。



一口に「結婚を前提に」と言っても様々な男性心理があります。

今回ご紹介した「『結婚を前提に』と軽く使う男性心理と見極めポイント」を参考に、男性の本心を確かめましょう。

行動の伴わない“言葉”に振り回されることがないよう気をつけてくださいね。

このニュースに関するつぶやき

  • “「結婚を前提に」と軽く言う女性心理”については絶対に書かないのにな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 男性差別記事やめろ。女は全員例外なくまともなのかよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定