DeNA・山が約1年ぶりのセーブ 2点リードの9回締め守護神復帰へ

6

2021年09月18日 19:14  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNA・山康晃
DeNA・山康晃
● 広島 2 − 4 DeNA ○
<18回戦・マツダスタジアム>

 DeNAが広島との接戦に勝利。2点リードの9回を締めた山康晃投手(28)は今季初セーブ(3勝1敗27ホールド)を記録した。

 DeNAは1−1の同点で迎えた8回、代打・大和の右前打を口火に一死一、三塁の好機を作ると、3番・佐野の一ゴロが適時失策を誘い勝ち越し。その後も5番・宮の押し出し四球、途中出場・森の中犠飛で2点を追加した。

 その裏、3番手のエスコバーがソロ弾を浴び2点差に迫られたが、9回は4番手の山が走者を出しながらも無失点締め。背番号19は2020年7月14日の中日戦(バンテリンD)以来、約1年ぶりとなるセーブを記録した。

 三浦監督はこのまま、山を守護神に据える方針。直近3登板で2度の救援失敗があった三嶋は、この試合の登録メンバーから外れていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 判断が遅い! https://mixi.at/aeOQN7N
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定