JR四国「予土線 Fun Fun 祭り」6つのラッピング列車が予土線に集結

2

2021年09月18日 19:21  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR四国は10月9・10日の2日間、6つのラッピング列車を予土線に集結させるイベント「予土線 Fun Fun 祭り」を開催する。


予土線では、これまで運行していた「予土線3兄弟」の3つの列車に、今年7月から運行開始した「鬼列車」「海洋堂ホビートレイン『ウルトラトレイン号』」を加えた5つのラッピング列車を「Yodosen Fun Fun Trains(予土線ファンファントレインズ)」と命名。予土線の利用促進や観光誘客などにこれらのラッピング列車を活用していく。



今回、その一環として、愛媛県南予地方を中心に走る「南予キャラクター列車『おさんぽなんよ号』」を加えた6つのラッピング列車を予土線に集結させることになった。10月9・10日の2日間、予土線内を運行する列車はすべて6つのラッピング列車で運行する。また、両日とも9〜12時に宇和島駅2・3番ホームで車両展示会を行う。展示車両は時間帯によって入れ替わる。

展示に先立ち、10月9日9時から宇和島駅2・3番ホームにてオープニングセレモニーを開催。主催者挨拶やテープカットなどを行い、最後に「しまんトロッコ」への出発合図で締めくくる。宇和島駅ではその他、グッズ販売会や沿線の特産品などが集まるマルシェを開催。久保川駅隣接の四万十町役場西庁舎イベント広場や松丸駅前でも特産品販売などのイベントを開催する。



また、10月9・10日の2日間にわたり、「海洋堂ホビー館四万十」で開催中の「海洋堂ウルトラマンフィギュア展」へのアクセスとして、窪川駅から江川崎駅まで1往復する臨時列車を「海洋堂ホビートレイン『ウルトラトレイン号』」で運行する。



「鬼列車」に乗車できる特別ツアー「かっぱと鬼が刈田を行く! 秋の予土線 南予のジビエ料理と列車旅」も開催。鹿肉のジビエ料理をはじめ、南予の味覚を車内で提供する。発着地は宇和島駅。松丸駅で約40分間の下車観光を行う。旅行代金は大人・こども同額で1人6,500円。JR四国ツアーウェブサイト、JR四国旅の予約センター、ワープ支店、駅ワーププラザで申込みを受け付ける。(佐々木康弘)

このニュースに関するつぶやき

  • JR四国は全線赤字路線なんだってw? 煎餅屋とか始めなくて大丈夫かw?
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定