神戸、中坂のゴールを守り切り3試合ぶり白星…札幌は再三のチャンスを活かせず

3

2021年09月18日 20:00  サッカーキング

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真J1第29節で神戸と札幌が対戦した [写真]=J.LEAGUE
J1第29節で神戸と札幌が対戦した [写真]=J.LEAGUE
 18日に明治安田生命J1リーグ第29節が行われ、ヴィッセル神戸と北海道コンサドーレ札幌が対戦した。

 現在5位の神戸は、直近の2試合で1分1敗と勝利から遠ざかっている。今節はFW大迫勇也とFW武藤嘉紀が揃って先発出場。ベンチ入りしたFWボージャン・クルキッチを含め、新加入のFW陣の活躍に期待がかかる。一方10位の札幌は、前節セレッソ大阪を相手に0−2で勝利。今節は2連勝をかけてアウェイでの一戦を迎えた。

 試合は開始2分でいきなり決定機。MF金子拓郎が敵陣ペナルティエリア右でボールを受けると、マイナス方向にパスを送る。これにフリーのMF荒野拓馬が右足ダイレクトでシュートを放つが、ボールは惜しくも枠の右へ外れる。

 その後も札幌が前からのプレスで相手を脅かすが、先制したのは神戸だった。22分、ロングボールに反応し相手DFと入れ替わった武藤が、敵陣ペナルティエリア右へ進入。武藤は冷静にマイナスのパスを送ると、待っていたMF中坂勇哉が右足ダイレクトでゴール左へとボールを流し込んだ。ホームの神戸が先制に成功する。

 勢いに乗る神戸は35分、相手DFラインを振り切った大迫がゴール左でGK菅野孝憲と一対一。大迫は左足でシュートを放つが、菅野が好反応を見せJ復帰後初ゴールとはならない。前半は神戸が1点リードで45分間を終える。

 迎えた後半、1点を追いかける札幌はMF高嶺朋樹が左足でミドルシュートを放つが、ボールは枠の外。

 対する神戸はその1分後、DF初瀬亮が右足でコントロールショットを放つが、菅野が好セーブを見せる。そのプレーで得た右CKからDFトーマス・フェルマーレンがヘディングシュートも、これも菅野のセーブで追加点とはならない。

 迎えた68分、札幌が決定機。荒野からのパスを敵陣ゴール前で受けたMF駒井善成が、フリックでFWドウグラス・オリヴェイラへ。D・オリヴェイラはペナルティエリア内から右足を振り抜くも、神戸のGK飯倉大樹がセーブ。こぼれ球に反応したMF青木亮太のシュートは、枠の左へと外れた。73分にはD・オリヴェイラの落としからDF田中駿汰が左足でシュートを放つが、ボールは飯倉の手の中に収まる。

 その後も札幌はボールを支配しチャンスを作るも、ゴールネットを揺らすまでには至らず。結局中坂のゴールを守り抜いた神戸が、3試合ぶりの勝利を収めた。

【スコア】
ヴィッセル神戸 1−0 北海道コンサドーレ札幌

【得点者】
1−0 22分 中坂勇哉(神戸)
    ニュース設定