スイートたわわFカップ 葉月愛梨、ジューシーな”はじめての果実”は魅力でぎっしり

3

2021年09月18日 20:20  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

今年2月からグラビアアイドルとしての活動をスタートした葉月愛梨。甘い雰囲気とたわわなFカップバストで、すでの多くのグラビアファンを釘付けにしている。そんな葉月が待望のファーストDVD『はじめての果実』(竹書房)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。


今作は6月に千葉・館山で撮影されたそうで「館山に行くのは2回目でしたけど、また来られてうれしかったのと、温泉とかもあったのでいい思い出になりました」と喜んだ。DVDの内容を聞かれると「彼氏との初めての旅行をしました。私の職業がナースなので、ナース服をないしょで持ってきたりしました。彼氏に対していろんなサプライズをしています」と説明。シーンについては「部屋のシーンから始まるんですけど、紫の下着姿になっていたりとか、ふたりっきりでプールに行って白い水着を着たり、温泉に入ったり、一緒に運動をしたりしました。常に彼氏とラブラブな状態でした」と語った。


撮影での苦労について聞かれると「ゴールドビキニを着てダンスを踊ったんですよ。ダンスを踊るのは世界で一番恥ずかしいんですよ。本当に踊れなくて、スタッフさんからは「ジャンプしていればいいよ」って言われたので、ひたすらジャンプをしていました。ノリノリの音楽で踊ることになったので、衣装よりダンスを踊るのが恥ずかしかったです」と明かし、さらには「ボンテージを着ました。夜のシーンで急に彼氏の前にボンデージ姿になって現れるんですよ。普段はおとなしいのに、急にSになって豹変しています。SとMのギャップが楽しめますよ」とアピールした。


デビュー作を採点してもらうと「後から見返すときれいに撮ってもらえていましたけど、最初のシーンは緊張してガチガチだったんですよ。全体的にまだ不安そうな感じの自分がいたので、60点くらいですね。今後はどんどん成長していけたらと思っています」としっかり自己分析していた。いろいろな反省点を踏まえて次回作に挑みたいという葉月だが、今後DVDでやってみたいことを問われると「和服を着た作品をやってみたいです。浴衣を着たり、旅館とかの設定に挑戦したいです」と目を輝かせた。


グラビアをやろうと思ったキッカケについて質問が飛ぶと「ずっとグラビア誘われていたんですけど、私は人前に出るのが苦手なんですよ。プライベートでは顔を見られるのも恥ずかしいんです。今もそれは変わっていません。あるときに自分がやりたいことはなにかと考えました。人を癒したりとか将来的に家庭環境が複雑な人か障害を持った人などの役に立てる人になりたいと思っています。そういうことをするために影響力を持ちたいと思ったんですよ。まず自分がチャンスを頂いているので、頑張らないとと思いました。後々はそういう支援ができるくらい有名になって、いろいろな人に癒しになりたいです。そのキッカケがグラビアなので、今はしっかりグラビアを頑張っていきたいです」と意気込み、「たくさんの癒しをお届けしたいと思っているので、皆さん応援してください」とアピールした。

このニュースに関するつぶやき

  • 怒りますよ。私も脱ぎますよexclamation ��2
    • イイネ!16
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定