アーセナル、辛くもバーンリー下して2連勝!…冨安健洋は初のフル出場

0

2021年09月19日 00:56  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真バーンリーとアーセナルが対戦した [写真]=Getty Images
バーンリーとアーセナルが対戦した [写真]=Getty Images
 プレミアリーグ第5節が18日に行われ、DF冨安健洋が所属するアーセナルはバーンリーと敵地で対戦した。冨安は加入後2試合連続のスタメンとなり、初のフル出場を果たした。

 アーセナルは6分、マルティン・ウーデゴーアの浮き球パスからキーラン・ティアニーがペナルティエリア左に侵入。折り返しにニコラ・ペペが合わせたが、相手GKの妨害もあってネットを揺らすことはできない。

 バーンリーも複数のチャンスを迎えるが枠に飛ばすことができないでいると、30分にアーセナルが先制する。ペナルティエリア手前でフリーキックを獲得すると、キッカーはウーデゴーア。壁の上を通してゴール左に突き刺した。

 リードで折り返したアーセナルは68分、ベン・ホワイトのバックパスが短くなったところを相手に狙われ、飛び出したGKアーロン・ラムズデールがマチェイ・ヴィドラと交錯。バーンリーにPKが与えられるが、オンフィールドレビューで映像を確認したアンソニー・テイラー主審は判定を覆し、アーセナルは事なきを得た。

 試合の主導権を握りながらも1点が遠いバーンリーは78分、ペナルティエリア右で受けたドワイト・マクニールが左足を振り抜くが、ゴール右下を狙ったシュートは惜しくも枠を外れる。

 試合はこのまま終了し、バーンリーは2連敗で1分4敗、アーセナルは今季初の連勝で2勝3敗となった。
 次節はカラバオ・カップ3回戦を挟んで行われ、バーンリーは25日にアウェイでレスターと、アーセナルは26日にホームでトッテナムと対戦する。

【スコア】
バーンリー 0−1 アーセナル

【得点者】
0−1 30分 マルティン・ウーデゴーア(アーセナル)
    ニュース設定