アメリカGI2勝の子、ソリダリティは「すらっとした好馬体」でいい脚が使えそう

0

2021年09月19日 07:01  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第17回:ソリダリティ

 現役時代、アメリカのGI戦線で活躍した名牝の息子がまもなくデビューを迎える。栗東トレセンの中内田充正厩舎に所属するソリダリティ(牡2歳/父ハーツクライ)である。




 母のミュージカルロマンスは、2009年にデビュー。以降、2010年までは目立った成績を残すことができなかったが、4歳となった2011年に才能が開花した。

 GIプリンセスルーニーH(アメリカ・ダート1200m)で2着と好走すると、しばらくしてGII勝ち。初の重賞制覇を決めて一気に本格化し、その後、GIBCフィリー&メアスプリント(アメリカ・ダート1400m)を制してGIホースの仲間入りを果たした。

 2012年に入ってからも快進撃は続く。GII戦を勝ったあと、前年に2着に敗れたプリンセスルーニーHを勝利。2つ目のGIタイトルを手にした。

 引退後は日本に輸入されて繁殖生活をスタートし、これまでに3頭の子がデビュー。重賞勝ちを遂げるような出世馬こそいないものの、いずれも期待馬として注目され、それぞれ勝ち星を挙げている。

 そんな兄姉と同様、ソリダリティもアメリカの名牝の子として多くのファンから関心を集めている。初陣は9月19日の2歳新馬(中京・芝2000m)。デビューを目前にして、陣営はどんな感触を得ているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「この馬はゲートに受かってから、いったん放牧に出されていました。放牧前は非力なところもあったようです。それが、厩舎スタッフによれば『再入厩してからは、しっかりしてきた』とのこと。さらに、『この時期の2歳馬としては、十分な時計で調教できている』とスタッフの評価は高く、『いい位置で流れに乗った競馬ができれば、楽しみ』という声も聞かれました」

 放牧から戻ってきたソリダリティは馬体もすこぶるよくなっているという。厩舎スタッフの評判を、先述のトラックマンが続けて語る。

「体重は十分にあるタイプですが、『重苦しさはない』とスタッフ。『背が高く、すらっとした馬体をしている』とも話しており、かなりいい脚を使えそうです。ここまで順調に調教をこなせているので、楽しみな1頭と言えるのではないでしょうか」

 陣営の期待も大きい良血馬は、初戦から評判どおりの走りを見せることができるのか。間近に迫ったデビュー戦から目が離せない。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定