名峰ひと筆書き301座達成の田中陽希 足掛け8年も「自分にとってはさらなる挑戦への通過点」

0

2021年09月19日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真2021年8月2日/1310日目に301座目の利尻岳山頂へゴール(写真:ハタケスタジオ/本人提供)
2021年8月2日/1310日目に301座目の利尻岳山頂へゴール(写真:ハタケスタジオ/本人提供)
 日本列島を南から北まで。山と山をつないで縦断した男がいる。8年にわたる旅の軌跡を、アドベンチャーレーサーの田中陽希さんに聞いた。AERA2021年9月20日号の記事を紹介する。


【写真特集】8年にわたる旅の軌跡はこちら
*  *  *


 スタートから3年7カ月。最初の挑戦から数えれば足掛け8年に及ぶ長い長い旅だった。「日本三百名山ひと筆書き」に挑んでいた田中陽希さん(38)が8月2日、ゴールとなる北海道の利尻岳山頂に立った。


 旅を終えて3週間ほどたった8月下旬。取材でどんな旅だったかを問うと、田中さんは万感を込めてつぶやいた。


「長かったなぁ。よくここまで来られたというか。ずっと気持ちを切らさずに旅のなかに身を置き続けるのも『長かった』し、新型コロナの感染拡大で、不安のなか耐えながら待つのも『長かった』。言葉で言うと一言だけど、いろいろな思いを込めての『長かった』です」


 ゴールの数日前から、これまでの情景が走馬灯のように浮かんでいたという。


 この旅は「日本三百名山」に選ばれた名峰と、「二百名山」に選ばれながら三百名山には含まれない荒沢岳の計301座を人力でつなぎながら、ひと続きの旅として登頂する。2014年の「百名山ひと筆書き」、15年の「二百名山ひと筆書き」に続く集大成としてのチャレンジで、18年1月1日に鹿児島県の屋久島をスタートした。


 当初は2年以内にゴールする計画だったが、初年度から大きく遅れた。8月には右手を骨折し、ギプスで固定しながら登山を続けた。新型コロナウイルスの感染拡大が本格化した昨年4月からは、3カ月にわたって山形県酒田市の空き家で生活。3カ月の「行動自粛」によって計画はさらに遅れ、冬を迎えた北海道で約4カ月の待機も強いられた。


 計画を1年半以上オーバーしたが、それは悔いなく歩き続けた結果だと、田中さんは言う。


■出会いをかみしめる


「百名山、二百名山のときは、悪天候でもとにかく次の山を目指して駆け抜けました。それはそれで充実していたけれど、今回は集大成として、ひとつひとつの山にゆっくり向き合いながら、地元の人との出会いも大切に、かみしめながら旅をしようと思ったんです」





 これまでの挑戦では旅の完遂に気を取られ、いまいる場所よりも次の山に意識が向くことが多かった。今回は晴れるまで1週間待ったり、ルートを外れて寄り道したりする機会を増やした。301座には何度も登った山も含まれていたが、新たな発見の連続だったという。そして、長期の待機期間もまた、必要な時間だったと振り返る。


「新型コロナでの行動自粛中は不安で焦る気持ちもあったけれど、地元の人の『日常』に間借りして生活できました。北海道での待機中は15年ぶりくらいに富良野市の実家で両親とゆっくり一冬を過ごすことができた。どちらも大切な時間でした」


 旅の移動は百名山、二百名山の挑戦時と同様にすべて人力だ。陸上は徒歩とスキー、川はパックラフト、海はシーカヤックで越えた。非常階段の使用が許可されなかった関門トンネルや、いくつかの宿泊施設でエレベーターを使ったほかは、待機期間も含めて、飛行機や車はもちろん、電車や自転車、エスカレーターさえも使っていない。


■人間本来の力だけ使う


 三百名山には登山道すらない山もある。津軽海峡のように海流が不規則な海にも、身一つで挑んだ。都心の高層ビルに入居する企業へあいさつに行くときも、道中の町々で知人が開く会食に参加するときも、人力にこだわって徒歩で移動し、ビルの階段を駆け上がった。私たちが日常生活を送るすぐ横で、田中さんはひとり、特異な挑戦を続けていた。田中さんは言う。


「歩く力、こぐ力は人間としてのナチュラルな動作だと思う。私が足を踏み入れる山や海も、何か特別な力を使ったのではなく、生まれてから年月を重ねて自然と今の姿になった。一人の人間が本来持っている力だけでそこに身を投じるのがフェアだと考えたんです。たとえ町のなかにいるときでも、ひとつの『旅』の期間である以上、それを貫きたかった」


 そしてもうひとつの理由が、その土地に住む人との自然なコミュニケーションを楽しむためだ。田舎道を歩いていると、農作業中の人と目があったり、車で通りかかった人が話しかけたりしてくれる。バイクや自転車では、それが少ないだろう。




 百名山、二百名山の挑戦時にはGPSトラッキングで現在地を公開していた。だが、今回の旅ではやめた。山頂で長時間、田中さんを待つファンが多く、安全確保が難しかったからだ。いわゆる「出待ち」のファンは減ったが、その分自然な出会いを楽しめたという。


 田中さんが「ひと筆書き」に挑み始めたのは、旅先での経験がきっかけだった。


 かつては、車やバスで登山口へ向かう一般的な登山を続けていた。だが12年に一人旅をした九州で、「ふと思い立って」山から山を徒歩でつないで歩いた。


「どこもかしこも初めて歩く場所で、風景や街並みが徐々に変わっていくのもおもしろかった。これこそが旅なんだと感動して、日本中をこんな風に歩いてみたいと思ったんです」


■今回のゴールも通過点


 それが7年4カ月をかけた大冒険のテーマになった。旅を終えたいま、田中さんはこう話す。


「自分が本気でやりたいと思ったことに身を投じるべきだなと、改めて感じました。たとえ周りからみれば何のためかわからないことでも、自分にとって大切なことで意味がある挑戦だと思えば、胸を張ってステップを上がっていける。そのことを改めて教えられた時間でした」


 今回のゴール・利尻島は、14年の百名山ひと筆書きでもゴールとなった地だ。島に置かれた記念プレートにはこんな一文が刻まれている。


 これは田中陽希にとってさらなる挑戦への通過点である──。


 7年前のゴールが「通過点」だったように、今回の旅もまた、自分にとっての通過点だと田中さんは力を込めた。(編集部・川口穣)

※AERA 2021年9月20日号


    前日のランキングへ

    ニュース設定