村上宗隆が史上最年少の100号達成。「こんな子がいたんだ」コーチ陣の言葉で振り返る成長の軌跡

2

2021年09月19日 22:01  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 9月19日、ヤクルトの村上宗隆が広島戦で放った今季35号は、清原和博氏が持っていた21歳9カ月の史上最年少100号記録を更新するメモリアルアーチとなった。

 悠々とダイヤモンドを1周する若き大砲の姿を眺めていると、これまで村上の将来を期待し、予想以上の成長速度に驚かされてきたコーチたちの言葉を思い出さずにはいられなかった。




 村上の練習する姿を初めて見たのは、プロ1年目の二軍キャンプ(宮崎県西都市)だった。まず体の大きさに驚き、打撃練習での打球音、飛距離に衝撃を受けた。

 二軍では4番を任され、98試合に出場し、打率.288、17本塁打、70打点の成績を残す。9月16日には一軍に昇格し、広島戦(神宮)に「6番・サード」で先発出場すると、プロ初打席初本塁打の鮮烈デビューを飾った。

 北川博敏二軍打撃コーチ(当時/現・阪神打撃コーチ)は、村上のプロ1号に「18歳にはとても見えず、すごいのひと言です」と言い、こう続けた。

「逆方向への飛距離がとくに魅力的で、『こんな子がいたんだ』と。実戦ではプロの変化球に苦労すると思っていたのですが、選球眼が普通の18歳の選手とは違っていました。ホームランの数よりも四球の多さが印象に残っています。村上の場合、自分で考えて取り組んでいることが伝わってきたので、まずは本人の打撃スタイルで振らせようと思いました」

 一方で、松元ユウイチ二軍打撃コーチ(現・一軍打撃コーチ)は「上で通用するにはもう少し時間がかかると思います」と冷静に語っていた。

「二軍では高めの速い真っすぐに対して、空振りやファウルが目立っていました。軸がブレないよさはありますけど、一軍の速いボールへの対応力が必要です。今はスイングスピードを上げることが先決で、それは本人も感じていると思います」

 この年の10月、村上はフェニックスリーグで10本塁打を放ち、リーグ新記録を樹立。それが終われば、休む間もなく"地獄"の秋季キャンプ(愛媛県松山市)に参加した。そこには宮本慎也コーチ(現・解説者)と石井琢朗コーチ(現・巨人野手総合コーチ)が待ち構えていた。

「ここからギアを上げることが進歩の差。力を抜くのは誰でもできる」

 力をふり絞りながらサンドバッグにバットを叩きつける練習をしている村上に、石井コーチからのゲキが飛ぶ。この練習後、石井コーチに村上について聞くと「4番しか考えられないですよ」と目を細めた。

「サンドバッグを叩く音に抜きん出たものを感じます。ファームでも結果を出していますし、誰もが『村上はすごい』と言ってくれる。僕としても将来の4番として育てなければいけないと思っています。

 でも僕から見ると、はたして今の状態で一軍のパワーピッチャーに通用するのかと聞かれれば、まだ『?』なんです。彼なりに試行錯誤しながらやっていますが、長い目で見た時にもっといいアプローチというか、考え方があるんじゃないかと。そこを探っているところです。そのうえで、ただ打つだけではなく、人間としての考え方や行動の部分もしっかり教えていければと思っています」

 この秋季キャンプでは宮本コーチとの1時間にわたる特守もあり、さらには台湾でのウインターリーグにも参加。野球漬けのまま、村上のプロ1年目は終了した。

 迎えた2年目のシーズン。

「まずは開幕一軍、次にレギュラーを目標にします」

 沖縄・浦添での春季キャンプ終盤、村上はそう語っていたが、見事に実現してみせた。開幕から先発出場を続け、結果的に全試合出場。36本塁打を放って、新人王にも輝いた。

 三振の多さ(184個)や打率の低さ(.231)、守備(失策15)など課題も多かったが、それよりも驚かされたのが体の頑丈さだった。シーズン中は、若手主体の早出練習でバットを振りこみ、それが終われば個別の守備練習をし、最後にチーム全体練習に参加。19歳の選手が、そのハードな練習を黙々とこなす姿に感動すら覚えた。

 この年の5月、そのことについて村上に聞くと、「僕は全然すごいと思ってないです」と淡々と語っていた。

「プロに入れば年齢は関係ないですし、野球をしているからにはレギュラーとして試合に出たい。弱音というか、練習が厳しいから(試合で)集中できないというのはないです」

 そしてこう続けた。

「(キャンプの時に)いまの姿を思い描いていたというよりは、僕はいつでも"できる"と信じてやっています。最初からダメだという気持ちはまったくないですし、とにかく1日を、目の前の試合を、目の前の1打席をしっかり集中してやっていこうと。いまは毎日野球のことばかり考えています」

 この年も10月のフェニックスリーグに参加。松元コーチ、北川コーチは、1年ぶりに再会した村上の姿に驚きを隠せなかった。

「外野フライかと思った打球がフェンスを越えていく。力強さが増しましたね。久しぶりに村上と話をしたのですが、青木(宣親)たちの打撃について『自分もその感覚がわかるようになってきました』と。自分のスタイルを大事にしながらも、取り入れるところは取り入れる。まだまだ伸びる選手だと、あらためて思いました」(北川コーチ)

「僕のなかでは3年目が終わってからすごい選手になるだろうという計算だったのですが、2年目にして36本塁打ですからね。想像以上に成長が早かったですね(笑)」(松元コーチ)

 だが村上は、驚異的な成長を遂げた2年目を「悔しい1年でした」と振り返った。

「喜びと悔しさを秤にかければ、悔しさのほうが大きいです。三振もエラーも多く、チームに迷惑をかけてしまった。そこに尽きます。今シーズンは終わったことなので、来年に向けて新たな気持ちでやるしかないと思っています」

 このフェニックスリーグでは、この年限りで現役を引退し、翌年から二軍打撃コーチとなる畠山和洋も合流した。

「約1年ぶりにグラウンドで見ましたが、ボールのとらえ方や飛距離はほかの若い選手と比べて数段上ですよね。おそらく今年は、常にホームランを意識して打席に立っていたと思います。来年、その気持ちを押し殺す打席が増えていけば三振は減るし、四球数は劇的に増えると思います。打席で我慢することの大事さを伝えられればと思っています」(畠山コーチ)

 3年目は新型コロナウイルスの影響で開幕が3カ月遅れ、120試合に短縮されるも、4番として全試合に出場。打率.307、28本塁打、86打点、87四球と文句なしの数字を残し、最高出塁率のタイトルを史上最年少で獲得した。選球眼のよさを示すBB/K(※)の数値も、前年の0.40から0.76まで上昇した。


※三振を四球で割った数値で、高いほど選球眼にすぐれていると言われている

 そして今シーズンは4番打者としてだけでなく、ベンチでは先頭に立って声を出し、守備では8個の失策を記録しているが、誰もが認めるリーダーに成長している。2年前、セ・パ交流戦で日本ハムと試合をした日、宮本コーチは村上と清宮幸太郎の未来像についてこんな話をしてくれた。

「ふたりとも普通にいけばそれなりの選手になると思います。それよりも、子どもたちをはじめ、みんなが尊敬できるような野球選手の模範になってほしい。グラウンドでの立ち居振る舞い、ユニフォームの着こなし、凡打したあとの態度......。なにより、試合終了までグラウンドにいるのがスーパースターです。全部とはいかないかもしれませんが、そういう選手になってほしいと思います」

 そしていま村上は、最後までグラウンドに立ち、チームはおろか、球界を代表する選手へと成長した。9月19日の試合前、杉村繁打撃コーチはここまでの村上についてこう振り返った。

「彼のいいところは、練習をすごく大事にすることです。じつに丁寧な練習をします。うまくなりたいという向上心と闘争心を持ち、あれだけ練習してもケガをしない頑丈な体を持っている。これは1年目から感じたことですが、不安もありました。プロ野球界には、プロ初打席初本塁打の打者は大成しないというジンクスがありましたので(笑)。

 今回、最年少100本塁打ということで中西太さんや清原和博といった歴代の名選手の名前がでてきました。私は実際に清原の打撃を見ていますが、あの清原の記録を抜こうとしているわけです。今後、どんな選手になるのか楽しみしかないですよね」

 試合後、村上は次のように語った。

「(通算100号について)すごくうれしいことですが、本当にまだまだ通過点ですし、目標はもっともっと上にあるので、これからもチームが勝てるように頑張ります」

 そのコメントを聞いて、あるシーンを思い出した。2019年のシーズン中、偶然にも清原氏が神宮の室内練習場に現れ、ヤクルト若手の早出練習を見ていた。すると、たまたま横にいた私に清原氏はこう尋ねてきた。

「あの体の大きい55番の子は誰ですか?」

 私が「村上です」と答えると、清原氏は納得した表情でこう言った。

「あの子が村上くんですか。ええスイングしてますね」

 その清原氏の記録を抜き、球界に新たな歴史を刻んだ村上。5年後、10年後、きっと我々の想像を超えてくれる選手になっているはずだ。

◆村上宗隆の100本塁打達成で思い出すルーキー時代の清原和博。黄金時代の西武がその才能を開花させた>>

このニュースに関するつぶやき

  • 燕の村上が「史上最年少の100号を達成」した同日、ハムの"パンダ"が2軍戦で17号HRで、トップに一本差だと言うニュース記事。ちな猛打賞で、やっと打率が2割に乗った模様。>続く
    • イイネ!2
    • コメント 2件
  • 燕の村上が「史上最年少の100号を達成」した同日、ハムの"パンダ"が2軍戦で17号HRで、トップに一本差だと言うニュース記事。ちな猛打賞で、やっと打率が2割に乗った模様。>続く
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定