森友問題解明、及び腰=野田氏だけ言及―自民総裁選

30

2021年09月20日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 自民党総裁選に立候補した4候補は19日のNHK番組で、2019年参院選広島選挙区をめぐる大型買収事件に関し、説明責任が重要との考えを強調した。一方、森友学園をめぐる公文書改ざんなどの問題で真相解明に言及したのは野田聖子幹事長代行だけだった。

 河野太郎規制改革担当相は、買収事件で河井克行元法相夫妻側に党本部が1億5000万円を提供したことを念頭に、「党費がどのように使われているかをきちんと党員に説明することも必要だ」と指摘した。

 岸田文雄前政調会長も「公認した政党としての責任もしっかりと感じなければいけない。買収の原資として党からのお金が使われていないかどうか、しっかりと示さなければいけない」と強調。高市早苗前総務相は「税金が入っている部分もあるとしたら、明確な説明責任が必要だ」と語った。

 一方、森友問題に関し河野氏は「公文書管理をはじめとする説明責任を果たすことが政治に求められている。後世にきちんと記録を残さなければならない」と述べるにとどめた。岸田、高市両氏から具体的な言及はなかった。

 森友問題で再調査を明言している野田氏は「公文書はいじられないという前提だ。それがおかしい。『桜を見る会』の問題も。分からないことを解明していくのが自民党だ」と語った。 

このニュースに関するつぶやき

  • 公文書改竄を「二度と起こさない」と言っても、そもそも改竄が一度でもあったこと自体が有り得ないのであり、その起きてしまった一度目の責任も誰もマトモに取ろうとしないことが最大の問題だ。
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • それ「及び腰」なのではなく「終わった問題で騒ぐ馬鹿じゃない」ってだけ。 https://mixi.at/aeQU7f1
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

ニュース設定