全国的に空気カラリ 仙台など最小湿度が9月に入ってから最も低く

1

2021年09月20日 15:01  日本気象協会

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真全国的に空気カラリ 仙台など最小湿度が9月に入ってから最も低く
全国的に空気カラリ 仙台など最小湿度が9月に入ってから最も低く

20日(月)は、日本列島は、乾いた空気に覆われています。最小湿度は、仙台市で20%台まで下がるなど、9月に入ってから最も低くなった所もありました。



●日本列島 乾いた空気に覆われる


20日(月)は、日本列島は、乾いた空気に覆われています。午後2時までの最小湿度は、全国で最も低くなったのは、山形県米沢市24%、次いで福島県会津若松市26%でした。
主要都市では、札幌市43%、仙台市28%、東京都心43%、大阪市52%、福岡市と那覇市54%になりました。仙台市では、9月に入ってから初めて20%台、那覇市では9月に入ってから初めて50%台まで下がりました。


●週末にかけて乾いた空気に覆われる日が多い


21日(火)は、本州付近に南から湿った空気が流れ込む見込みです。九州から関東を中心に、雲が広がる所があるでしょう。ただ、23日(木)頃から週末にかけては、本州付近は比較的乾いた空気に覆われる見込みです。九州から関東を中心に晴れ間が出る日が多く、湿度も低めでしょう。喉を傷めたりしないよう、お気をつけください。


    ニュース設定