PUFFY25周年!亜美&由美「ふたりの関係・安室ちゃん・辞めようと思った過去」を語る

117

2021年09月20日 16:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真PUFFY 撮影/矢島泰輔
PUFFY 撮影/矢島泰輔

 '96年の『アジアの純真』でデビューし、『これが私の生きる道』『サーキットの娘』……とミリオンを連発。またたく間に国民的アーティストとなったPUFFY。今年、デビュー25周年を迎えたふたりを初取材! ゆるくてカッコいい絶妙なバランスは、やっぱり最強でした。

大貫亜美(以下、亜美)「同じ時間を過ごして、同じ経験をしてきてる。デビュー当時より大人になったぶん、より理解は深まっていると思います。言わずともわかるし、一緒にいて気が楽」

吉村由美(以下、由美)「お互いに性格をわかってるからこそ核心を突いた話は一切しなくなったよね。でも、相手を一撃で傷つける言葉をふたりともわかっているっていう(笑)」

亜美「あははははは。言われませんように〜(笑)」

 今年デビュー25周年を迎えた、大貫亜美と吉村由美からなるヴォーカルデュオPUFFY。唯一無二のアーティストとして活動を続ける彼女たちが10年ぶりのオリジナルアルバム『THE PUFFY』をリリースする。

 さまざまなジャンル、世代のアーティストが参加したアルバムのリードナンバー『エッサフォッサ』はふたりの育ての親である奥田民生を擁するUNICORNとのコラボレーションだ。

亜美「レコーディング中は些細なことで終始大笑いでした(笑)。(UNICORNの)5人が一歩も引かずにダジャレを言い合っている状況にどっぷり笑い疲れたって感じ(笑)」

由美「UNICORNさんとはいつもそう(笑)。もちろん演奏したらみなさん本当に素晴らしいんですけど、すごく自由でしたね」

 大ブレイクしたデビュー曲『アジアの純真』のプロデューサーでもある奥田民生はふたりにとってどんな存在なのだろうか?

亜美「この25年ずっと変わらず、すべてにおいて先生ですね」

由美「といっても、何ひとつ言葉で教えてもらったことはないんですけど(笑)。こうしたほうがいい、ああしたほうがいいって一切言わないけど、私たちもあんなふうに音楽で生活ができたらいいなと思う存在。ステージでもカッコいいし、本気でふざけている姿も素敵です」

亜美「民生さんの背中以外、見たことがないので、鵜飼いと鵜みたいな関係ですね(笑)」

第一印象はかわいい・オシャレ

 初インタビューということで、改めてそれぞれの第一印象と、お互い影響を受けた部分を聞いてみると、

亜美「私は初めて由美ちゃんを見たときからかわいいと思っててん!」

由美「サンキュ♪ 亜美ちゃんは古着のTシャツを着こなしたりしてすごくオシャレでした。私は大阪の田舎に住んでいたのでオシャレをわかってなかったし、洋服もあまり持ってなかったので、友達と遊びに行くときにお洋服を借りたりして。

 当時はエンジニアブーツが高くて買えなかったので亜美ちゃんに貸してもらったし、デートのときは“こんな感じがいいんじゃない?”ってアドバイスもらったり」

亜美「そんなこともあったね〜」

由美「だからオシャレになれた(笑)。それに物知りだし、絵を描くとか字をきれいに書くとか、そういう面は影響を受けたというより、絶対に亜美ちゃんにはかなわないって思う。リスペクトできる点があるからこそ(PUFFYが)長続きしてるのかなと思います」

亜美「私は自分ひとりで考え込んでめちゃ暗くなったりするんです。そういうときは由美ちゃんによく相談します。考え方がすごくシンプルで、物事の本質を見抜いているから。“私はこう思う”とか、“こうすればいいんじゃない?”とか言ってくれる由美ちゃんの考え方を取り入れて日々暮らしてます(笑)」

 デビューからミリオンヒットを連発し、一躍女の子のポップアイコンとなったふたり。ちょうど同じころ、女性が憧れるアーティストとしてPUFFYと同じように注目されていたのが安室奈美恵だった。

 仕事で顔を合わせる機会の多かった安室をどう感じていたのか聞いてみると、まるでファンが憧れのスターの話をするかのようにキャッキャと楽しそうに笑う。

由美「安室ちゃんのこと、いっつも鬼かわいいなと思ってたよね」

亜美「歌番組で一緒になると、“今日もかわいいよね”っていつも由美ちゃんと話してたよね〜」

由美「安室ちゃんより顔の小さい人にいまだかつて会ったことがないもん。本当にかわいかった」

亜美「私たちも同じ番組に出てるんだけど、こういう人こそがテレビに出る人なんだなあってひしひしと感じてました。顔の小ささ、バランスのいいスタイル」

由美「歌もダンスもうまくて」

亜美「そう!! ダンサーよりもダンスがうまいって一体どういうこと? って思ってたよね〜」

オンとオフの差がないから自然体

 どこまでも自然体でゆる〜い雰囲気。これこそが、“かわいくて、カッコいい!!”と絶大な支持を得た理由のひとつ。それは25年たっても変わらない。

由美「今でもメイクしてもらっている途中、すごい冷静に“あれ、何で私は化粧なんてされてるんだろう”って思うことがあるんです。これって慣れることもなければ日常になることもない。いつものように仕事をして、お疲れさまって仕事が終わったらふつうにスーパーに寄って買い物をするから、よくも悪くもオンとオフの境目がないんですよね」

亜美「そうだねえ。別に自分たちでは自然体になってるつもりもないというか」

由美「いきなりサングラスかけて芸能人っぽく振る舞ったりもしないし、特別なとき以外は送り迎えしてもらうこともなくて。今でも現地集合、現地解散だからね」

亜美「そうそう(笑)。仕事をして1日が終わっての繰り返しで、精いっぱい日々を生きていたら、いつの間に25年みたいな。私たちがいきなり芸能人風にキャラを作り込んだら民生さんに笑われると思うし(笑)」

由美「ふふふふふ(笑)」

 ともにアーティストでママでもあるふたり。PUFFYの公式資料に“2012年、大貫亜美立ち会いのもと、吉村由美出産”と書かれていることが気になり聞くと、

亜美「あははは(笑)」

由美「正確に言うと立ち会ってはいなくて、部屋の外にいたんだよね」

亜美ちょっと離れた待合室とかではなく、壁一枚隔てた隣の部屋で、“頑張れ、頑張れ”って壁にひっついてました。気持ちとしては『ライオン・キング』みたいに赤ちゃんを取り上げたかった(笑)」

由美「べつに隠してないけど、公式資料に書いてとも言ってないのにな〜(笑)」

亜美「私たちも資料に書かれてることを、このあいだ気づいたんだよね(笑)」

由美「このころ、出産に向けてお休みをもらっていたのでニュースがあんまりないから入れといたんだろうね」

面白くなかったらいつでも辞めていい

 ちなみに育児について情報交換はする?

亜美「するんですけど、うちとは年齢が離れてるので(9歳差)、私の情報が古いって言うんです。私はドヤァっていい情報あげたつもりなのに(笑)」

由美「だってホントに古かったんだもん(笑)。抱っこひもを買おうと思って相談したら、え、今それ? っていうことを言っていました」

亜美「“何年前の情報よ?”って(笑)」

 こんなふうに笑い合うふたりだが、過去、1度だけPUFFYを辞めようと思ったことがあるのだとか。

亜美「私が産休を取るときです。産後、どうなるかわからないし、迷惑をかけるんだったら申し訳ないから辞めたほうがいいかな? と提案しました。でも、“とりあえず、産んでから考えればよくない?”ってことで今に至っています。私たち、かなり初期の段階から、基本的にいつでも辞めていいスタンスにしてるんです。どちらかがやっていて面白くないと思ったら、相手に率直に言おうって」

由美「それくらいの気持ちのほうが長続きするのかなと思います。それにやっている自分たちが楽しめなければ聴いてくださる方にも楽しさが伝わらないだろうし、そうなったらやる意味がなくなると思うので。でも幸い、今、とても楽しく音楽活動できています」

幸せだと思う瞬間は?

亜美
「えー、美味しいもの食べたときとかですかね。最近だと、韓国料理のチキン。今は配達してもらってるんですけど、コロナ前はお店によく行ってました。わざとじゃないんですけど、作ってくれた人に聞こえるように“幸せここにあった〜”って言ってる自分がいましたね(笑)。……いや、いちばんの幸せはファンのみなさんと会っているときです。(隣の由美のリアクションを見ながら)あっ、由美ちゃんは違うみたいです。寝てるときだよね」

由美「私、なにも言ってないよ。でも、亜美ちゃんが言ったみたいに寝る間際。寝る瞬間は、うれしいなって思います。本来は、仕事終わってビール飲むときかなと思うんですけど、最近はできないので。(コロナ禍の)今はライブが終わったら“お疲れさまです”って言って直帰ですから」

亜美「さみしいよね」

この25年、変わらずずっと好きなものは?

由美「亜美ちゃんはずっとオーバーオール着てるね。石ちゃん(お笑いコンビ、ホンジャマカの石塚英彦)か亜美ちゃんかって」

亜美「あはは(笑)。由美ちゃんはコーヒー飲めるようになったよね?」

由美「それ、変わらないことじゃなくて変わったことだから(笑)。ずっとコーヒー飲める人に憧れてたけど、苦いと鳥肌立っちゃって」

亜美「鳥肌立てながらコーヒー飲む人もなかなかいないよ(笑)」

由美でも35歳くらいからカフェラテなら飲めるってことに気づきました(笑)。……あ、私ずっと“猫ってかわいい”って思ってます。今もシンガプーラっていう種類の子を飼ってるし」

亜美「猫ってなんであんなにかわいいんだろうね〜。マンチカン飼いたいな〜」

ニューアルバム
『THE PUFFY』
9月22日発売
初回限定盤A 6600円、初回限定盤B 4400円、通常盤 3300円
※すべて税込み

●パフィー●'96年、奥田民生プロデュースによるシングル『アジアの純真』(作詞は井上陽水)でデビュー。4曲続けてミリオンヒットとなり、日本有線大賞、レコード大賞最優秀新人賞を受賞。翌年にはレギュラーのトークバラエティー番組『パパパパPUFFY』がスタート。'98年にアジアコンサートを行い、'00年にはアメリカでの初ライブに挑戦。現地で注目を集めたふたりがモデルとなったアニメ『HiHi PUFFY AmiYumi』が全米で放送され、日本を代表する世界のポップアイコンに。その後も世界を舞台に活躍を続け、デビュー25周年のアニバーサリー・イヤーに突入中。

取材・文/熊谷真由子

このニュースに関するつぶやき

  • 亜美さんは中学の時にお兄さんを亡くしてる
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • PUFFYの歌は可愛くノリが良いのでカラオケでよく歌ってたなぁww
    • イイネ!39
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(69件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定