ダ・ヴィンチニュース編集部 ひとり1冊! 今月の推し本【9月編】

0

2021年09月20日 18:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真ダ・ヴィンチニュース編集部推し本バナー
ダ・ヴィンチニュース編集部推し本バナー

 ダ・ヴィンチニュース編集部メンバーが、“イマ”読んでほしい本を月にひとり1冊おすすめする企画「今月の推し本」。

 良本をみなさんと分かち合いたい! という、熱量の高いブックレビューをお届けします。

築45年、家賃5万の団地で起こる優しさの連鎖『しあわせは食べて寝て待て』(水凪トリ/秋田書店)

『しあわせは食べて寝て待て』(水凪トリ/秋田書店)
『しあわせは食べて寝て待て』(水凪トリ/秋田書店)

 読む処方箋というのは、こういう作品をいうのだろう。読後、静かな心地よい余韻に包まれた。『しあわせは食べて寝て待て』(水凪トリ/秋田書店)の主人公は、日常生活は送れるけれど、一生付き合っていかなければならない体の不調からフルタイムの仕事を辞めて週4回、デザイン会社で働く麦巻さとこ。かかりつけ医からは、心配してくれているのかと思いきや「婚活でもして…」と100%余計な一言を放たれる。気持ちはガタ落ち、収入減は否めないので引越しを…と不動産屋に薦められた築45年、家賃5万の団地の内見で「大家の鈴さん(92)」に出会う。その物件に決めればもれなく隣はお年を召された大家さん。別の物件にしようかな……なんて思った矢先にさとこが風邪気味だと知った鈴さんは、「喉の炎症にいいから、頭痛いのも治るわ」と輪切りにした大根を持ってきてくれるのだった。そこからさとこと鈴さん、鈴さんの同居人で “料理番”の司との温かい関係が始まる。職場の人たちとの交流も時々挟まれ話が進むのだが、とてもいい距離感で、他者理解のある人たちが描かれ読んでいて安心する。後半に進むにつれて、「薬膳」も大きなテーマとして浮かびあがり、ちょっと身体にいい事を知って得した気分にもなる。さとこと司の関係も読みどころのひとつかもしれない。

 赤の他人の些細な一言に救われることもあるし、いつかのあの人に言われた言葉がずっと心に住み続け御守りのようになっていることもある。そんな優しさに生かされているんだな、とこの作品を読んであらためて思った。

展開の速度に驚きを隠せない新鮮なエンタメ小説『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる/新潮社)

『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる/新潮社)
『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる/新潮社)

 黄色と黒の目立つ表紙と、オビに大きく書かれた「大どんでん返し」に惹かれて手に取った。物語は、偶然SNSで元恋人を見つけた男性と、その元恋人の女性とのメールのやり取りだけで進む。およそ30年振りの再会(?)ということで、はじめのうちは2人が愛し合っていた大学時代の演劇部の思い出話が中心。私も大学時代にほんのちょっぴりだが演劇をかじっていたので、どこか懐かしく、甘酸っぱい気分になった。これも本書を手に取った理由でもある。しかしメールのやり取り(物語)が進むにつれて急速に不穏な方向に話が進んでいく。

 2人は婚約したのに、式の当日会場に現れず姿を消してしまった女性。そしてそのせいで人生が狂ってしまったという男性。30年前当時に分からなかった事実が次々と明らかになっていく急展開っぷりに、最初に持った印象が文字通り音を立てて崩れていった。そして迎える結末は私にとって決して気持ちのいいものではなかったが、書簡体で、推理小説やミステリ小説のような要素が盛り込まれているので、他ではなかなか味わうことのない新鮮な読書体験になった。最初は壺の絵だと思っていたのに、ちょっとしたはずみで向き合った人の横顔に見える、まさに「ルビンの壺」と付けたタイトルに納得。そして、結末を知った後に再度読むと全く違った目線で楽しめるので、この作品は2度読みで本領を発揮するのではないかと思う。新しいジャンルのエンターテインメント小説だった。

サウナ文化の懐の広さと優しさを知り、ととのう――『マンガ サ道 〜マンガで読むサウナ道〜』(タナカカツキ/講談社)

『マンガ サ道 ~マンガで読むサウナ道~』(タナカカツキ/講談社)
『マンガ サ道 〜マンガで読むサウナ道〜』(タナカカツキ/講談社)

 僕のサウナの原体験は10年ほど前に遡る。若さに任せて映像制作会社のADとして昼夜問わず働いていた。本当にひどい会社で、心身共にぼろぼろになりながら働いていた覚えがある(苦笑)。その頃、通っていたのが笹塚のマルシンスパ。家に帰る暇もなく、会社の床で仮眠をとる日々のなか、深夜4時にとぼとぼと歩いてマルシンスパに行くのが自分を保つ唯一の救いだった時期があった。どんなに疲れていても、サウナに蒸されて、水風呂でクールダウンすると、どういうわけか疲れがスッキリ取れたような気がして「自分はまだやれる」と思えるのだった。その時はまだ「ととのう」という用語を知らなかった――。

 本書は「サウナと人生」が詰まったマンガである。サウナ室のセッティング、水風呂の温度に始まり、その店ごとの工夫やこだわりがあり、ふたつとして同じものが存在しないのがサウナの魅力。そして、サウナを訪れる者にもそれぞれの人生があり、求めるものも人それぞれ違うからこそ、そこにドラマが生まれる。それをこんなに親しみやすくコンテンツ化させたタナカカツキ先生はあらためて凄いと思う。このマンガでいろいろなサウナとの向き合い方を知り、自分がサウナに求めるものは何なのかを考える。それはもはや自分自身と向き合う行為である。つまり「読むサウナ」というわけだ。

一貫して信念を持ち続ける薪の言動に、初心を思い出させられた『秘密 season0 10』(清水玲子/白泉社)

『秘密 season0 10』(清水玲子/白泉社)
『秘密 season0 10』(清水玲子/白泉社)

 死者の脳をスキャンして映像化し、犯罪捜査を行う――そんな“夢の捜査方法” である「MRI捜査」の運用が始まった近未来を描く『秘密』シリーズ。第一作が1999年に少女雑誌『MELODY』に掲載され、以来22巻(新装版含まず)が刊行され、映画化やアニメ化もされている。「MRI捜査」をする研究室の怖くて美麗な室長・薪(まき)と、お人よしで実直な新人捜査員・青木を主人公に物語は進む。

 冒頭で“夢の捜査方法”と書いたが、もちろん一筋縄でいくわけはなく、脳から見える映像はまさに「素」の個人情報であり、プライバシー、人権、タブー、モラルとのぶつかりあいは多い。そして犯罪に関わる部分は見る者の精神にも触れる。捜査員はそういった清濁を併せ呑み歯を食いしばりながら文字通り“人の頭を覗き”、犯人や事件解決の糸口を探っていく。

 8巻から続く「悪戯編」が完結するseason0の10巻。読む者の倫理や考え方を問うように感じられていた今までのテーマの中でも殊更に、今回の事件は自分自身も何を信じてどう行動したらいいのかわからない中読み進めた。考慮しなければいけなそうな要素が沢山ある、憂慮しなければいけない事態がいくつもある、頭がこんがらがる……。そんな中、事実を第一に、でも感情を持つ“人間の心”を忘れない薪の強さと温かさに、また青木の底なしの善性と情愛に、「難しく考えるより、人として大事なものをまずは見よう」と思わされた。事件の凄惨さが増せば増すほど、人間の心について考えさせられてしまう。その点に於いて、これは単なるフィクションではない、人間の物語だ。

感動満載だけど、共感や感動がなくとも知ろうとしたい『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2』(ブレイディみかこ/新潮社)

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2』(ブレイディみかこ/新潮社)
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー2』(ブレイディみかこ/新潮社)

 大ヒットした前作『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を、社内でプレゼンする機会があったとき、私はほとんど涙声になってしまっていた。社会人としてはだいぶ恥ずかしい限りなのだが、それほどに心動かされ、さまざまなことを考えるきっかけをもらい、気がつけば著者のブレイディさんに何度か取材をするチャンスもいただき、続きを読むために『波』を購読するまでになっていた。

 そして、待ちに待った続編の書籍化。しかし、曇りがない言葉で社会の矛盾をズバッと指摘してみせ、かと思えば青い理想を口にするでもなく冷静な視点を持ち合わせる息子くんも、13歳。母親のブレイディさんに、学校で起きたことのすべてを話す年ごろではなくなりつつある。そんななかでも、前作に続いて、息子くんのおなじみの同級生をめぐる出来事や変化には、嗚咽し、鼻をすすりながらの読書になってしまった。特に前作で女性器切除についてゴシップと紙一重の心配をされていたアフリカ出身の女の子が、すばらしいシンガーとして登場するシーンの感動たるや…。ティーンの可能性への羨望と、時には対話をする相手をあきらめないことの大切さをひしひしと感じた。

 本作でも息子くんと祖父(ブレイディさんの父)との交流シーンはちゃんとあり、こちらも泣かせに来る! とはいえ、社会に存在するあらゆる問題が、「無知」「無関心」から起きているのでは、と思えば、「心を動かされる」から「共感するから」といって関心を持ち、行動するきっかけにするのでは足りないのかもしれない。共感や感動がなくとも知ろうとすることからはじめてみたい。

青山さんの小説が「奇跡」を運んでくる理由を考えてみた。『月曜日の抹茶カフェ』(青山美智子/宝島社)

『月曜日の抹茶カフェ』(青山美智子/宝島社)
『月曜日の抹茶カフェ』(青山美智子/宝島社)

『お探し物は図書室まで』で2021年本屋大賞の2位を受賞した青山美智子さんの最新作。累計23万部を突破し、ロングセラーとなっているデビュー作『木曜日にはココアを』の続編だ。1年で二度も青山さんの新刊が読めるなんて、僥倖である。

 以前『お探し物〜』を本欄で紹介した際に、青山さんの本が好きな理由を「ささやかな奇跡を体験させてくれること」だと書いたが、12編からなる『月曜日の抹茶カフェ』でもビックリするような奇跡が、最初の1編で訪れた。同時に、青山さんの本が「奇跡」をもたらすのはなぜだろう、と考えた。別に自分だけ特別な体験をしているわけではなく、『ココア』からずっと、多くの読者が「奇跡」と出会っているのかもしれない。だから青山さんが紡ぐ物語は、広く愛されるようになったのではないか、と。

 近日公開予定の『月曜日の抹茶カフェ』のインタビューで、青山さんは「作家と読者はひとつの作品を通して常にマンツーマン、一対一なんだ、ということを忘れずにいたい」とおっしゃっていた。この言葉は衝撃的だった。ジャンルは違うけど、自分は長く音楽の仕事をしていて、聴き手と「一対一」の関係性が築けている表現は素晴らしいと、常々感じている。だけど、小説を、そのような意図を持って書いているという話は、初めて聞いた気がする。書き手と読み手が、活字を通して結ばれる、密接で温かなコミュニケーション。そこに普遍性が生まれ、「あ、これ自分のことかも」と感じる事象が舞い降りる。これほど豊かな読書体験はないと思う。


動画・画像が表示されない場合はこちら

    前日のランキングへ

    ニュース設定