武井壮、自身のキャッチコピー”百獣の王”の秘密を明かす 「僕は二代目」

3

2021年09月21日 01:20  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

20日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、武井壮が自身のキャッチコピー「百獣の王」について語った。

■八ツ橋の裁判を紹介

番組は京都銘菓「八ツ橋」の老舗・聖護院八ツ橋総本店が創業元禄2年(1689年)と謳っていることについて、井筒八ツ橋本舗が「正当な根拠がない」「商品選択に影響を及ぼす可能性がある」などと主張し、表示差し止めを求めた裁判を紹介。

裁判では一審、二審ともに「表示は需要者の商品選択を左右するとは言えない」と判断。さらに最高裁第3小法廷も16日までに上告を退け、井筒八ッ橋本舗の敗訴が確定したのだという。

■門倉氏が独自見解

武井は裁判について「(商品選択を左右すると)言えないですかね。でもあれ(創業年)を見て、ああ、そうなんだって思うことは、僕はありますけどね」と語る。

経済評論家の門倉貴史氏はこのニュースについて、「自分が『一番の発祥の店です』っていうことを、強調してやらなければ、そんなに消費者が左右されるってことはないと思う」と独自の見解。

続けて、「『うちが元祖じゃ』っていうふうに言っちゃうと、やっぱり影響は受けると思いますけど、それをあんまり強調しないで『何年創業』っていうぐらいだったら、そんなに目くじらを立てなくてもいいのかなと思います」と話した。

■武井が意外な告白

このニュースに絡め、MCのふかわりょうは武井に「来年から百獣の王ってキャッチコピーのタレントが出てきたら、どうします?」と質問する。

意外な質問に少々戸惑っているようにも見えた武井だが「僕は一応二代目なんで。僕も勝手に初代ライオンから受け継いだので」と真剣な表情でコメント。

ふかわが「あ、二代目だったんですか」と笑うと、「基本、自称です。自由です、どうぞお名乗りください」とカメラに手を差し出していた。

■視聴者から驚きの声

武井の「自身は二代目の百獣の王」という告白に、視聴者からは「全然知らなかった」「そうだったんだ」「考えてみればそうだよね」など、納得や驚きの声が上がっていた。

ニュース設定