iPadOS 15提供開始。マルチタスクやメモ、FaceTime強化

0

2021年09月21日 02:51  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
Appleは9月21日、iPadOSの大規模アップデート「iPadOS 15」を提供開始した。


マルチタスク機能を強化し、ホーム画面へのウィジェット配置に対応。メモ機能も強化しており、Apple Pencilによる手書き文字をテキストデータに変換する「スクリブル」では、さまざまなテキストボックスに日本語で手書きしてブラウザなどで検索したり、メッセージを送ったりできるようになる。iOS 15と同様、ビデオ通話アプリ「FaceTime」も大幅刷新。ほかにも、手持ちのMacと連携し、サブディスプレイのように使える「ユニバーサル コントロール」に新たに対応する。



iPadOSでは、iOS 15同様に、2つのソフトウェアアップデートバージョンのどちらをインストールするか、設定アプリで選択可能になる。iPadOS 15の最新バージョンがリリースされたらすぐにアップデートを行って、最新の機能とセキュリティアップデートを利用することも、重要なセキュリティアップデートを利用しつつ、従来のiPadOS 14を使い続けることもできる。


なお、iPadOS 15で追加される「iCloud+」のプライバシー保護機能「プライベートリレー」(ベータ版機能)をオンにするといくつかの不具合が起きるとして、NTTドコモとソフトバンクが注意を呼びかけている。普段使っているアプリの対応状況なども確認のうえ、アップデートすることを推奨する。



主なアップデート内容は以下の通り。

マルチタスキング


Appの上部にあるマルチタスキングメニューを使って、Split View、Slide Over、全画面で表示可能

マルチウインドウシェルフがApp内に表示されるため、開いているすべてのウインドウに素早くアクセス可能

AppスイッチャーにAppをSlide Overする機能が加わり、Appの上に別のAppをドラッグすることでSplit Viewを作成可能

“メール”、“メッセージ”、“メモ”、“ファイル”、および対応している他社製Appで、現在の表示から離れることなく画面の中央にウインドウを開くことできる新しいオプションを追加

外部キーボードでキーボードショートカットを使用してSplit ViewまたはSlide Overを使用可能



ウィジェット


ウィジェットをホーム画面にAppと一緒に配置可能

iPad専用に設計された特大サイズのウィジェット

“探す”、“連絡先”、App Store、Game Center、“メール”などの新しいウィジェットを追加

使用頻度の高いAppのウィジェットをホーム画面に配置したレイアウトを提案

使用状況に基づいて適切なタイミングで、デバイス上の人工知能によるウィジェットの提案が自動的にスマートスタックに表示



Appライブラリ


Appライブラリは、iPadのAppをナビゲートしやすい表示に自動的に整理

DockのAppライブラリのアイコンから利用可能

必要に応じて、ホーム画面のページを並べ替えたり非表示にすることが可能



クイックメモとメモ


クイックメモを使うと、指またはApple Pencilでスワイプすることで、iPadOSのどこからでもメモをとることが可能

AppまたはWebページからのリンクをクイックメモに追加しておくことで、情報を結び付けることが可能

タグを使ってメモを簡単に分類および整理

サイドバーのタグブラウザで任意のタグまたはタグの組み合わせをタップして、タグ付きのメモを素早く表示可能

アクティビティ表示には、最後にメモを表示してからのアップデートの概要と、それぞれの共同作業者のアクティビティが日ごとにリストで表示

“名前の言及”をして、共有メモで人に通知可能



FaceTime


空間オーディオにより、グループFaceTime通話でほかの人の声が画面上のそれぞれの人の位置から聞こえるようにすることが可能(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

周囲の雑音を遮断して、自分の声がはっきりと聞こえるようにする“声を分離”機能(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

周囲のすべての音を通話に取り込めるワイドスペクトル機能(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

背景をぼかして自分にピントを合わせることができるポートレートモード(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

グループFaceTime通話で同時に最大6人を同じサイズのタイルに表示することができ、現在話している人が強調表示されるグリッド表示

FaceTimeリンクを使用して友達にFaceTime通話への参加を依頼でき、AndroidやWindowsのデバイスを使っている友達もブラウザから参加可能



メッセージとミー文字


“メッセージ”の会話内で友達から送られたコンテンツをが“写真”、Safari、Apple Music、Apple Podcast、またはApple TVの各Appの“あなたと共有”に表示

選択した共有コンテンツをピンで固定して“あなたと共有”、“メッセージ”の検索、および会話の“詳細”表示で上部に表示して目立たせることが可能

“メッセージ”で送られた複数の写真を、一目で分かるコラージュまたはスワイプ可能なスタックとして表示

ミー文字用の40以上の衣服で最大3色の異なるカラーを選択して、ミー文字ステッカーの衣類や帽子類をカスタマイズ可能



集中モード


集中モードを使用して、フィットネス、睡眠、ゲーム、読書、運転、仕事、パーソナルな時間など、今していることに合わせて自動的に通知をフィルタリング可能

集中モードは設定時にデバイス上の人工知能機能を使用して、集中モードの間に通知を許可するAppや連絡先の候補を提案

特定の集中モードに合ったAppやウィジェットを表示するように、ホーム画面のページをカスタマイズ可能

場所や時間帯などの情報を使用して、状況に合わせた集中モードをインテリジェントに提案

自分の状況を“メッセージ”の会話に表示して、連絡先に集中モードで通知がオフになっていることを知らせることが可能



通知


連絡先に登録されている人の写真が表示され、Appのアイコンがより大きく表示されるようになった新しい外観のデザイン

通知の要約により、設定したスケジュールに基づいて、毎日都合のよい時間に通知をまとめて配信

今後1時間またはその日の間、任意のAppやメッセージスレッドからの通知を消音にすることが可能


マップ


サンフランシスコベイエリア、ロサンゼルス、ニューヨーク市、ロンドンなどの都市(今後、さらに都市を追加予定)で、高度、木々、建物、ランドマーク、横断歩道、右左折車線、そして複雑なインターチェンジを案内する3D表示を街の地図に詳しく表示(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

新たなドライブの機能として、交通情報や事故などの詳細が強調表示されるドライバー向けの新しい地図や、今後の出発時刻または到着時刻を選択して移動経路を確認できる経路プランナーなどを追加

交通機関での移動体験がアップデートされ、最寄りの交通機関の出発時刻にワンタップでアクセス可能

インタラクティブな3D地球儀に、山岳地帯、砂漠、森林、海などの拡充した詳細情報を表示(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

デザインが新しくなった場所カードでは、場所の詳細確認や操作を行いやすくし、ガイドが新たに表示され、好みに合わせてエディタが厳選したおすすめの観光スポットを表示



Safari


タググループは、タブの保存や整理に役立ち、すべてのデバイスから簡単にアクセス可能

背景イメージのカスタマイズや、“プライバシーレポート”、“Siriからの提案”、“あなたと共有”などの新しいセクションをスタートページに追加

ブラウズ操作のパーソナライズに役立つiPadOSのWeb機能拡張をApp Storeからダウンロード可能

音声検索により、自分の声でWeb検索が可能



翻訳


iPad用の“翻訳” Appは会話で使用できるように設計されていて、完全にオフラインでも使用できるので会話のプライバシーを確保

システム全体での翻訳機能によりiPad内のどこでもテキストや手書き文字を選択してタップして翻訳可能

自動翻訳では、話し始めたときと会話をやめたときが検出されるため、マイクボタンをタップせずに音声を自動的に翻訳可能

対面表示では、お互いが自分側から会話の内容を見ることが可能



テキスト認識表示


テキスト認識表示によりすべての写真の中のテキストが操作可能なテキストになるため、写真、スクリーンショット、クイックルック、Safari、およびカメラを使ったライブプレビューでのコピー&ペースト、“調べる”、翻訳が可能(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

テキスト認識表示のデータ検出機能により、写真の中の電話番号、メール、日付、住所などが認識されるため、それらに対するアクションを実行可能



Spotlight


探している連絡先、俳優、ミュージシャン、映画、テレビ番組などに関する情報をすべてまとめて詳しく検索結果に表示

自分の写真ライブラリから場所、人、シーン、写真に写っているテキストやその他のもの(犬や車など)を指定して、写真を検索することが可能

Web画像検索では、人、動物、モニュメントなどの検索が可能



写真


メモリーのデザインが一新され、インタラクティブなインターフェイス、内容に合わせてスマートに変わるタイトル付きのアニメーションカード、アニメーションとトランジションのスタイル、複数の画像のコラージュが新たに追加

Apple Musicのサブスクリプションに登録している場合は、Apple Musicをメモリーに追加でき、エクスパートによるおすすめと自分の音楽の好みを写真やビデオに写っているものに組み合わせて、パーソナライズされた曲を提案

メモリーミックスでは、さまざまな曲から選択して、メモリーに合う雰囲気を設定することが可能

新しいメモリータイプとして、世界各地の新しい祝日、子ども中心のメモリー、一定期間のトレンド、改善されたペット用のメモリーを追加

情報パネルに、使用されたカメラとレンズ、シャッタースピード、ファイルサイズなど、写真に関する詳細な情報を表示



Siri


Siriへのリクエストの音声はデバイス上で処理されるので、特に設定しなくてもこのデータがデバイスの外に出ることはなく、オフラインでもSiriで多くのリクエストを処理することが可能(A12 Bionic以降を搭載したiPad)

Siriで項目を共有で、写真やWebページ、“マップ”の位置情報などの画面上の項目を任意の連絡先に送信可能

Siriは画面上の文脈に沿って、画面に表示されている連絡先にメッセージを送信したり電話をかけたりすることが可能

デバイス上でのパーソナライズにより、Siriの音声認識と理解能力が各ユーザに合わせて向上(A12 Bionic以降を搭載したiPad)



プライバシー


“メール”でのユーザアクティビティ、IPアドレス、またはメールを開いたかどうかを、メールの送信者に知られないようにしてプライバシーを守るメールプライバシー保護機能

SafariでトラッカーによるIPアドレスを使ったプロファイリングからも保護できるようになったインテリジェント・トラッキング防止機能



iCloud+


特別な機能や追加のiCloudストレージを提供するクラウド型のサブスクリプションサービス

iCloudプライベートリレー(ベータ)で、2つの異なるインターネットリレーを使ってリクエストを送信し、デバイスから発信されるインターネット・トラフィックを暗号化することで、SafariでWebサイトを閲覧するときのセキュリティとプライバシー保護を強化

一意のランダムなメールアドレスを作成し、個人の受信ボックスに転送することで、実際のメールアドレスを共有せずにメールを送受信することができる“メールを非公開”機能

iCloudストレージプランの容量を消費することなく、これまで以上に多くの防犯カメラを接続できるHomeKitセキュアビデオ

カスタムのメールドメインを使ってiCloudメールアドレスをパーソナライズし、家族もそのドメインを使えるように招待することが可能



アクセシビリティ


VoiceOverを使って画像を調べて、写真の中の人物やオブジェクトをより詳しく把握したり、テキストや表データを理解することが可能

マークアップのVoiceOver画像説明を使って、VoiceOverで読み上げることができる画像の説明を独自で作成して追加することが可能

Appごとの設定では、画面表示やテキストサイズの設定を目的のAppだけでカスタマイズすることが可能

バランスの取れたノイズ、ブライトノイズ、ダークノイズ、オーシャン、雨、ストリームの音をバックグラウンドで連続的に再生し、外部からの不要な雑音を隠すことができるバックグラウンドサウンド

スイッチコントロールのサウンドアクションにより、単純な音を発するだけでiPadをコントロール可能

オージオグラムを“設定”で読み込むと、聴力検査の結果に合わせてヘッドフォン調整をカスタマイズ可能

音声コントロールの言語に中国語(中国本土)、広東語(香港)、フランス語(フランス)、およびドイツ語(ドイツ)を追加



○- ミー文字に人工内耳、酸素チューブ、ソフトヘルメットなどのオプションを追加

追加の機能と改善


Apple Musicがダイナミックヘッドトラッキング機能を備えた空間オーディオに対応し、AirPods ProおよびAirPods Maxで一段と迫力のあるドルビーアトモス体験が可能

キーボードショートカットの追加、再設計されたコンパクトな外観、カテゴリ別の整理により、キーボードショートカットの機能を強化

Apple IDのアカウント復旧用の連絡先として信頼できる人を1人以上選び、パスワードのリセットやアカウントへのアクセスの復旧を手伝ってもらうことが可能

新しいデバイスを購入した場合は、一時的なiCloudストレージを使い、データの一時的なバックアップを作成するのに必要なストレージ容量を最大3週間、無料で提供

“探す”の手元から離れたときの通知機能では、対応するデバイスや持ち物が手元から離れた場合に、“探す”で持ち物までの経路を検索可能

XboxシリーズX|SワイヤレスコントローラーやSony PS5 DualSenseワイヤレスコントローラーなどのゲームコントローラーを使って、直近15秒までのゲームプレイのハイライトを保存可能

App StoreのApp内イベントにより、ゲームの対戦や新作映画のプレミア上映、ライブストリーミング体験など、Appやゲーム内のタイムリーなイベントを見つけることが可能(庄司亮一)

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定