名産日本酒の酒米収穫=神奈川県綾瀬市〔地域〕

0

2021年09月21日 11:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 神奈川県綾瀬市で、同市の名産品の一つである日本酒「あやせ本醸造」の原料となる酒米が収穫された。収穫された米約2トンは秦野市内の酒蔵で醸造され、新酒は12月末ごろから、綾瀬市内で販売される。

 あやせ本醸造は市内にある小売店のオリジナル商品。以前は別の産地の米で作られていた。市の商品の普及拡大を図る事業者の会「あやせ名産品会」の会員が同店に対し、「市内産の米を原料にしてはどうか」と助言。同店は農家に酒米の生産を依頼し、市内産の酒米が使われるようになり、2007年、市の名産品に認定された。

 同店は新酒について「少し辛めで、冷やすとスッと飲める」とアピールしている。 
    ニュース設定