ドニー・イェン&ニコラス・ツェーW主演の本格アクション『Raging Fire』日本公開決定

0

2021年09月21日 12:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『Raging Fire』(英題)(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited  ALL RIGHTS RESERVED
『Raging Fire』(英題)(C)Emperor Film Production Company Limited Tencent Pictures Culture Media Company Limited Super Bullet Pictures Limited ALL RIGHTS RESERVED
中国で公開4週連続第1位の大ヒットを記録したドニー・イェン&ニコラス・ツェーW主演作『Raging Fire』(英題)が12月に日本公開されることが決定。さらに東京国際映画祭<ガラ・セレクション>部門に出品されることも決まっている。

今回、ドニー・イェンが演じるのは犯人逮捕のためなら躊躇のない正義感溢れる警官チョン。麻薬組織の壊滅作戦中、謎の仮面を被った集団に襲撃され仲間を惨殺されるが、実はその事件の黒幕が、3年前に警察組織にはめられ投獄させたかつての同僚で弟子のような存在だったンゴウ(ニコラス・ツェー)だと知る…。

主演を務めるドニー・イェンは、『イップ・マン』シリーズなど数々のアクション映画に出演し、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で演じた盲目の戦士チアルート役は大きな話題を呼んだ。本作でも、その名を世界に轟かせるドニーのアクションはさらに目が離せない迫力になっている。また、『孫文の義士団』のニコラス・ツェーが、警察組織への復讐を誓った復讐鬼ンゴウとして最凶最悪の敵を演じ、爽やかな風貌からは想像もつかない狂気の殺戮者としてチョンたちの前に立ちふさがる。

監督は『新少林寺/SHAOLIN』『香港国際警察/NEW POLICE STORY』など数々のアクション映画を世に出した香港アクション映画界の巨匠ベニー・チャン。2020年に58歳の若さで急逝したため、本作品が彼の遺作となる。ニコラス演じる狂気の殺戮者と、ドニー演じる警察官の対決を大胆なアクションと手に汗握るストーリー展開で描いていく。

本作には、プロデューサーにドニー・イェンも名を連ねており、さらに谷垣健治(『るろうに剣心』シリーズなど)がスタントコーディネートを務めている。

警察官vs復讐鬼の手に汗握る攻防で観る者全てを緊張と興奮の渦に巻き込むこと間違いなしの本作は、今年の第34回東京国際映画祭ガラ・セレクション出品も決定。今後の情報にも注目したい。

『Raging Fire』は12月よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。




(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定