『おかえりモネ』「あなたにもできることをすればいい」菅波の言葉に感動の声

0

2021年09月21日 14:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』第92回より (C)NHK
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』第92回より (C)NHK
 女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第19週「島へ」(第92回)が21日に放送され、百音(清原)を励ます菅波(坂口健太郎)の言葉にネット上には「男前すぎる」「尊過ぎて涙」といった反響が巻き起こった。

【写真】「あなたにもできることをすればいい」百音(清原果耶)に優しく、力強く語る菅波(坂口健太郎)

 幼なじみの明日美(恒松祐里)から、祖父・龍己(藤竜也)の牡蠣棚が突風の被害にあったことを知らされ驚く百音。自分の想像以上に被害が深刻かもしれないと考えた百音は、家族に電話を掛けるがつながらず、ひどく狼狽してしまう。そんな彼女をそばで見ていた菅波は「落ち着いて。どうして自分で行かないの?」と声を掛けると、諭すように「心配なら行って、自分で見て確かめて、あなたにもできることをすればいい」と語り掛ける。

 東日本大震災の日、実家の島を離れていた百音は妹の未知(蒔田彩珠)や幼なじみたちに対してどこか疎外感や無力感を抱えて生きてきた。そんな彼女のトラウマにも似た苦悩を知る菅波は、今からでも東京から島にたどり着けることを説明し、改めて百音を見つめながら「また言うの?“何もできなかった”って。もうそんなに無力じゃないでしょ?」「“あの時いなかった”って思いに押しつぶされてきたのは誰ですか?」と行動を促す。菅波の言葉を聞いた百音は、決意を固めた表情を浮かべる。菅波が「一緒に行こうか?」と気遣うと、百音は力強いまなざしで「一人で行きたい」と応えるのだった。

 菅波が恋人の百音を励ます言葉に、ネット上には「かっっっこいいぞ!!菅波!!」「菅波先生 男前すぎる」「上京中の菅波先生が側にいてくれて本当に良かった」などの声が相次ぎ、さらに「菅波…お前ってヤツは…!!ほんとにお前ってやつはーー!!涙」「背中を押してくれた菅波先生にも、一人で行ける強さを持てたモネにも感動」「菅波先生がモネちゃんにかける言葉がもう尊過ぎて涙が」といったコメントも集まった。
    ニュース設定