『SAO』×『ジャイアンツ』のコラボ決定 10・2DeNA戦で松岡禎丞が始球式

7

2021年09月21日 16:02  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『SAO』と『ジャイアンツ』のコラボ決定(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
『SAO』と『ジャイアンツ』のコラボ決定(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
 人気アニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)の新作映画『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』(10月30日公開)とプロ野球・読売ジャイアンツとのコラボが決定。さらに、キリト役の声優・松岡禎丞が、10月2日に東京ドームで行われる横浜DeNAベイスターズ戦の始球式に登場すると21日、発表された。

【画像】2021年水戸の梅大使に就任した新キャラクター・ミト

 巨人とのコラボでは、松岡が始球式や場内アナウンスを担当。さらに、ジャイアンツLIVEストリームで、イベントの舞台裏や試合観戦トークを特別配信する。また、SAOのキャラクターが巨人軍のユニホームを着用したオリジナルグッズも発売され、10月1日から、球団公式サイトにて受注販売を開始する。

 また、本作に登場する新キャラクター「ミト」が、2021年茨城県水戸市の梅大使に就任。水戸市では、コラボイベント『SWORD ART ONLINE −Episode of MITO CITY−』を開催。映画公開前夜には劇場公開を記念し、水戸黄門まつりにおける「水戸偕楽園花火大会」と「ソードアート・オンライン」のコラボ花火を実施する。

 原作者・川原礫がアスナ視点で描く新たな《アインクラッド編》の本作は、小説『ソードアート・オンラインプログレッシブ』が原作で、デスゲームの舞台であるアインクラッド第一層からクリアまでの軌跡を川原礫氏自らが描くリブート・シリーズ。キリトが<黒の剣士>となったエピソードや、《アインクラッド》編では語られなかったエピソードが描かれている。

このニュースに関するつぶやき

  • 逆コラボで原作やアニメの中にジャイアンツの選手が本人役で登場してほしいね(笑)。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 巨人とコラボか
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(4件)

オススメゲーム

ニュース設定