EU、輸入規制緩和=栽培キノコなど―農水省

0

2021年09月21日 17:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真EU旗(EPA時事)
EU旗(EPA時事)
 農林水産省は21日、欧州連合(EU)が東京電力福島第1原発事故後に実施してきた日本産の食品に対する輸入規制を緩和すると発表した。栽培キノコ類や福島県産タケノコについて、放射性物質検査証明書などが不要となる。10月10日に実施する。

 EUによる規制緩和は2019年11月以来。直近2年の放射性物質に関するデータに基づき、EUが今月20日に規制の改定を公表した。EUに合わせ、アイスランドやノルウェーなども同様の対応をとる。

 輸出実績を考慮すると、今回の緩和で放射性物質検査証明書の発行はゼロに、規制対象地域外であることを示す産地証明書も7割程度削減される見通し。同省は「大幅な事務負担の軽減につながり、輸出が伸びる可能性がある」と指摘する。ただ、野生キノコ類や福島県産の一部水産物などへの規制は残っており、撤廃に向け交渉を続ける。 

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定