東証終値、3万円割れ=2週間ぶり安値

1

2021年09月21日 19:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真3万円を割り込んだ日経平均株価の終値を示すモニター画面=21日午後、東京都中央区
3万円を割り込んだ日経平均株価の終値を示すモニター画面=21日午後、東京都中央区
 21日の東京株式市場で、日経平均株価は7日以来2週間ぶりに3万円を割り込んで取引を終えた。中国の不動産開発大手、中国恒大集団の経営危機が中国経済に大きな影響を及ぼすとの懸念から幅広い銘柄が売られた。終値は、前週末比660円34銭安(2.2%安)の2万9839円71銭。

 東京市場が3連休中だった20日、香港市場では「恒大不安」からハンセン指数が3.3%安となり、欧米市場でも英FT100種平均株価指数が0.9%安、米ダウ工業株30種平均が1.8%安と、株安が連鎖した。外国為替市場で一時円高・ドル安が進んだこともあり、21日の東京株は取引開始直後から全面安の展開となった。

 日経平均は、菅義偉首相が退陣の意向を表明した今月3日以降、急ピッチで上昇。終値は、表明前日の2日から前週末までに約2000円値上がりしており、高値警戒感が強まっていたことも売り要因となった。 
ニュース設定