『スター・ウォーズ:ビジョンズ』プロダクションI.G『九人目のジェダイ』場面写真&ストーリー公開

0

2021年09月21日 22:31  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』プロダクションI.G制作『九人目のジェダイ』場面写真 (C)2021 TM & (C) Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』プロダクションI.G制作『九人目のジェダイ』場面写真 (C)2021 TM & (C) Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
 アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』(ディズニープラス/9月22日配信開始)より、プロダクションI.Gが制作した『九人目のジェダイ』の場面写真とストーリーの一端が公開された。

【写真】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』プロダクションI.G制作『九人目のジェダイ』場面写真

 『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、「スター・ウォーズ」シリーズを生み出したルーカスフィルムが、日本の7つのアニメスタジオとタッグを組んで、9つの新しい物語を描いたオリジナル短編アニメ映画集。

 『九人目のジェダイ』は、“ジェダイ騎士たちの再生”を描く。時代設定は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以降の物語。古代の武器ライトセーバーを巡って7人のジェダイが集結する。

 ジェダイ騎士団の復活を計画する辺境伯ジューロから古代の武器ライトセーバーを進呈すると呼びかけられ、7人のジェダイが辺境惑星ヒ・イズランの空中神殿に集まった。同じ頃、セーバースミスのジーマが、ジューロの命を受けライトセーバーを完成させていた。だが、シスの復活をもくろむジェダイハンターによりジーマは捕らえられてしまう。ライトセーバーを託されたジーマの娘・カーラは、追手から逃れて空中神殿に向かうのだが…。

 場面写真では、緑色のライトセーバーを手にスピーダーのようなビークルに乗って追手から逃げる女の子“カーラ”の姿が描かれている。

 プロダクションI.Gの神山健治監督は「スカイウォーカー家の物語ではない、他にたくさんあったであろうストーリーの一片みたいなものを作れたらというのが最初の発想でした。『スカイウォーカーの夜明け』より未来の話として、『スター・ウォーズ』を象徴するライトセーバーとジェダイをテーマに描きたいと思いました」と作品の着想を明かしている。

 日本文化や日本人の感性を反映させた部分については「文化そのものというよりは、着物やライトセーバーのデザインなど、細かい部分で取り入れています。“親子”が一つ大きなテーマとなりますが、最近の日本の父娘の関係は、以前より友達関係に近い部分があり、子供が独立していくことに対して昔の日本のように保守的ではない。カーラとジーマの関係については、最近はこういう親子関係なのではないかなという僕なりに思う部分を入れています」と話した。

 キャストは、ジーマ役に三木眞一郎、ナレーションに大塚明夫などベテラン声優が参加。神山監督は「何を目的として演じてもらうかということを説明する際に、黒澤映画という『スター・ウォーズ』の大元のモチーフにもなっている部分を意識しているキャラクターなんですというお話をし、声優の皆さんにはおそらく燃えるものを感じていただけたのではないかと思います」とコメントした。

 オリジナル短編アニメ映画集『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、ディズニープラスにて9月22日より全9話一挙配信。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定