『ロン 僕のポンコツ・ボット』1人と1体が大騒動を巻き起こす! 最新予告解禁

0

2021年09月22日 10:12  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『ロン 僕のポンコツボット』場面写真 (C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
映画『ロン 僕のポンコツボット』場面写真 (C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
 アニメ映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』より、友達のいない少年バーニーとポンコツBボットのロンの大冒険、そして1人と1体が巻き起こす大騒動を見ることのできる最新予告映像と場面写真が解禁された。併せて日本語版の声優陣も発表。ロン役を関智一、バーニー役を小薬英斗が演じる。

【動画】映画『ロン 僕のポンコツボット』予告映像

 イギリスのロックスミス・アニメーション初の劇場長編アニメーション作品となる本作は、ひとりぼっちの少年バーニーとポンコツ・ボットのロンが“本当の友情”を探す冒険を描く。監督は、アニメ『ひつじのショーン』のテレビシリーズを手がけ、『インサイドヘッド』『アーロと少年』ではストーリーアーティストを務めたジャン・フィリップ・ヴァインと、ロックスミス・アニメーションの創設者サラ・スミスが共同で務める。

 最新式のロボット型デバイス<Bボット>は、ネット、写真、通話、テレビ、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれる夢のようなデバイス。誰もがそんな<Bボット>と暮らす世界で、友達のいない少年バーニーのもとに届いたのは不良品の<Bボット>ロンだった。

 予告映像では、ローディングに異常に時間がかかり、オンラインにも接続できず、スマートに友達を探すこともできないロンが、バーニーの友達づくりのため、「友達になって」とお手製の“友達リクエスト”シールを街中に貼って回る、なんともアナログでほほ笑ましい姿が見られる。

 さらに、「僕はセキュリティ管理されていない」という、物語のカギを握るロンの”秘密”の存在も明らかに。他の<Bボット>たちにはない特別な何かがあるロンは製造元のバブル社に危険な不良品と見なされ、廃棄処分対象として追われることになってしまう。果たしてバーニーとロンは、この危機を乗り越えることができるのか?

 また、主題歌はワン・ダイレクションのメンバーで、英語版の声優としても本作に参加しているリアム・ペインのニューシングル「Sunshine」に決定。世界的人気を誇る彼の新曲は、思わず踊り出したくなる爽やかな楽曲に仕上がっている。

 今回のコラボレーションについてリアムは「僕はディズニーの大ファンなので、この作品に携われることは夢のようです。皆さんに『Sunshine』を聴いてもらい、『ロン 僕のポンコツ・ボット』を観てもらうのが待ち遠しいです。本当に楽しかったです!」とコメント。先日解禁されたMVでは本作のキャラクターたちも登場し、リアムが劇中のバーニーやロンと草むらに寝転んで歌う姿など、目でも耳でも楽しめる楽曲が話題となっている。

 アニメ映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』は、10月22日より全国公開。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定